読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四国歩き遍路 女一人旅 in 2016

1978年生まれの38歳、独身。ソウル→バルセロナ在住を経て現在日本に帰国中。2016年9月から念願だったお遍路さんに行ってまいります!うるう年ですが初挑戦なので順打ちで行います。

2016年9月8日 歩き遍路 出発!→大塚国際美術館

それでは、いよいよ旅の始まりです!まずは九州から四国へ移動だ!

f:id:izumislife:20160908214331j:plain

れっつらごー!!

さぬきエクスプレス福岡

四国に行く方法はいくつかあれど、一番安いのはやはり高速バス。しかも西鉄バスが運行している福岡ー高松間を走る「さぬきエクスプレス福岡号」はただいま絶賛半額中で4800円!こりゃー高速バス一択でしょう!

 

西鉄福岡の高速バスターミナルから

f:id:izumislife:20160908214119j:plain

 

21:30、高速バスに乗り込む。

f:id:izumislife:20160908214540j:plain

座席の間は広いし、シートは深く倒せるし、携帯充電用のコンセントはついてるし、至れり尽くせり!これは快適に寝れそうだーと思ったんだけど…

 

 

旅への興奮のせいか、隣の男の子のイビキのせいか、3時ころまで全然寝付けず!!

 

ようやくウトウトし始めたら朝5時くらいにサービスエリアに止まって電気がついて、そこからまた眠れず…

 

結局2時間ちょっとの睡眠しか取れませんでした…ありがち!

 

高松駅大塚国際美術館

朝7時46分に高松駅に到着。そこから鳴門駅までJRで行きます。

 

f:id:izumislife:20160908215813j:plain

↑JR高松駅。けっこう新しめ。

 

f:id:izumislife:20160908215833j:plain

香川県高松市はもはや「うどん県さぬきうどん駅」なのだそうだ。

 

f:id:izumislife:20160908220208j:plain

↑乗り換えの池谷駅。高松からすぐなのに、もう山!電車2両!四国だ、四国にまた来たんだ!(1回目は4年前の青春18きっぷの旅で)

 

大塚国際美術館は…す、すごい!

10時半からの無料ガイドツアーに遅れそうだったので、入口の写真は撮らなかったのですが、入口のながーいエスカレーターを上るとそこにはすぐにもう…

f:id:izumislife:20160908220650j:plain

ヴァチカンのシスティーナ礼拝堂が!!!

これがモノホンそっくりなんですよ!

 

いや、私その昔ツアー中にイタリア行きまして、もちろんヴァチカンのシスティーナ礼拝堂も行きましたよ。ミケランジェロの天井画も見ましたよ。

 

でも(今はどうか分からないけど当時は)撮影禁止だったし、人はめちゃめちゃ多いし、椅子なんてもちろんないし、ずっと上を見続けるのも辛いし、ガイドなんてもちろんいないし。(というか一応本当の礼拝堂なので静かにしていなければならず、観光客が少しでも話し始めると係りの人が「QUIET PLEEEEEEEEEEASE!!!!!」って言う)

 

だから、大塚国際美術館の方が全然ゆっくり見れるし、撮影はOKだし、ガイドの説明を日本語で聞けるし、もう本当に最高なんですよ!大塚製薬さん、ありがとう!って感じなんですよ!!

 

イタリアにはちょっとお金も時間もなくて行けないって人も、これからイタリア行くけど予習していきたいって人も、ぜひぜひオススメのスポットなんですよ!この大塚国際美術館っていうところは。

 

その他にももちろん有名な絵ばかりがありまして(全部で約1000点ほどあるそうです)、特別な技術で陶板に焼き付けているので色落ちや傷つくことがないということで、なんと

(ほぼ)全作品、お触りオーケーです。

 

今日撮った写真をちょこっとだけご紹介しますと…

f:id:izumislife:20160908222327j:plain

フェルメールの「真珠の耳飾りの少女

 

f:id:izumislife:20160908222454j:plain

スクロヴェーニ礼拝堂。月2組までここで結婚式できるそうで、私の(妄想の)夫、白鵬関もここで式を挙げたそうですよ。ふん。

 

f:id:izumislife:20160908223028j:plain

ダヴィンチの最後の晩餐

 

f:id:izumislife:20160908223206j:plain

ダヴィンチのモナリザ、もちろんお触りOK!

 

f:id:izumislife:20160908223443j:plain

ゴッホさん。普通にラッセンより好き。

 

f:id:izumislife:20160908223531j:plain

ピカソゲルニカ。こーんなに大きいんですよ!

実物はマドリッドのソフィア王妃芸術センターという美術館にあり、私も10年ほど前に行ったんですが、なぜか今回見た方が感動しました…と、年取ったのかな?

 

あとは色々遊べるコーナーもあったりなんかして

f:id:izumislife:20160908223903j:plain

こーんなコスプレができたりだとか(これはスーラの「グランドジャット島の日曜日の午後」に描かれている女性の衣装)

f:id:izumislife:20160908224256j:plain

誰でもあの「真珠の耳飾りの少女」になれたりだとかしちゃいます。楽しいよ!

 

お昼は美術館内のレストランで食べました。モネランチ1000円。

f:id:izumislife:20160908224712j:plain

モネが描いた水連をお皿の上で再現したらしい…

 

もうひとつは「最後の晩餐」という赤ワイン付き1800円のランチがあったんだけど、さすがに1人で赤ワインはな~と思って安い方にしました。アイデアは面白いよ、好きよ。

 

鳴門海峡 渦の道

さてさて、大塚国際美術館を思いっきり満喫して、3時くらいにバスに乗って鳴門公園まで。そこから歩いて10分くらいのところにある

渦の道

というところに行ってきました。渦潮がうずめく鳴門海峡を渡る橋の下に遊歩道を作って、その床をところどころガラスにしちゃって、渦を眺めよう!というコンセプトです。

 

あ、ちなみに大塚国際美術館でも、渦の道でも、無料のコインロッカーがあったので10kgのバックパックは預けました。さすがお遍路さんが多いからか、コインロッカー整備がしっかりしてます!

 

f:id:izumislife:20160908225336j:plain

これ!渦の道!

 

これが思った以上に怖い!!行く前にHPで調べたときは「怖そう」なんて全く思わなかったのに、上の橋を大きな車が通るたびにガクガク揺れるし、床のガラスから45メートル下に見える渦巻く海がこれまた想像以上に怖くて、前を歩くカップルの彼氏さんも絶対無理!って感じでした。

 

f:id:izumislife:20160908225744j:plain

こんな感じ。この上を歩くのって本当に勇気が要ります…

 

f:id:izumislife:20160908225831j:plain

この遊歩道自体がぶるぶる揺れてるっていう恐怖…

 

f:id:izumislife:20160908225948j:plain

子供は意外と平気?お父さんの方が心配してる…笑

 

f:id:izumislife:20160908230031j:plain

私も頑張ってこれだけ…ちょぴっと!笑

 

渦潮はあんまり大きいのは見れなかったけど、何個か見れました!ビデオには撮ってあるので、今度ビデオブログにアップできるかな…いつになるかな…

 

四国歩き遍路の最初の宿「かどや椿荘」

渦潮の鳴門海峡を後にして、JR鳴門駅から乗り継いでJR板東駅で降ります。

f:id:izumislife:20160908230415j:plain

鳴門駅の立て看板。昭和だ!

 

f:id:izumislife:20160908230734j:plain

乗り換えの池谷駅からの風景。のどかだ…

 

f:id:izumislife:20160908230722j:plain

1番札所、霊山寺の最寄り駅であるJR板東駅。タイムスリップしたかのようだ!

 

f:id:izumislife:20160908230516j:plain

本日泊まる宿、かどや椿荘。きれいです。

 

f:id:izumislife:20160908230805j:plain

お部屋の写真。すでに散らかしててすみません…

 

f:id:izumislife:20160908230814j:plain

今日の晩ごはんはローソンの牛丼。これからコンビニ食が続きそうだなぁ…

 

 それでは、明日からはついに歩き遍路の旅スタートです!!はやく寝よー…昨日寝不足だし。

 

おやすみなさーい☆

 

この日の英語ビデオブログ


Touching the famous paintings -08.Sep.2016 -Izumislife vlog!