読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四国歩き遍路 女一人旅 in 2016

1978年生まれの38歳、独身。ソウル→バルセロナ在住を経て現在日本に帰国中。2016年9月から念願だったお遍路さんに行ってまいります!うるう年ですが初挑戦なので順打ちで行います。

四国歩き遍路 第1日目(9月9日) ~初日からやらかすの巻

ども、izumiです!

 

今日ついに!とうとう!初めての!お遍路さんをしちゃいました~パチパチパチ~!

 

しかし色々と問題ばかりだったので、反省も込めてブログをしたためていきたいと思います。ではどうぞ!

 

いきなり寝坊!そして1番霊山寺へ行くも…

宿泊したかどや椿荘さんが隣の話し声が聞こえる感じだったので、スマホのアラームをバイブのみにして就寝。翌朝、かどやさんからの電話で目が覚める。(この時点で悪い予感しかしない…)

 

しかし実際はまだ6時半で、かどやさんがお遍路客のために自主的モーニングコールをしてくれてたのだった!頼んでないけど!ナイスかどやさん!!

 

本当は6時に起きてゆっくり朝ごはん食べて、着替えて、足にテーピングして、もう一度今日の予定を確認して…なんて考えていたのに、とにかくバタバタ準備して7時過ぎに宿を出た。

 

宿から1番寺の霊山寺までは徒歩3分くらい。宿の前の道をまっすぐ行った突き当りだから迷いようもない。

f:id:izumislife:20160909225700j:plain

↑突き当たりに見えるのが霊山寺

 

3分後、霊山寺に着く(いや、霊山寺前の信号が全然変わらなかったから5分後かもしれない…)とりあえず、中に入る…

f:id:izumislife:20160909230024j:plain

入口で手を洗って本堂に行く…人もまばらだし、とりあえずどこに行って何をしなければいけないのか(一応調べてきたとはいえ)皆目分からない…

 

本やネットで「1番札所に行けばいろいろと教えてくれる」と見たんだけどな…予想と違って人がいない。

 

仕方ないので、本堂の横の遍路用品店の売店のおばさんに思い切って「すいません、初めてなので全然何をしたらいいか分からなくて…」と聞いてみた。

 

すると(結構性格キツそうな)おばさんは待ってましたとばかりに「じゃあまずこれを買って、これも買って、これは持ってるの?」と商売モードに。

 

私「いえ、必要なのは杖と笠だけでそれは後でいいんですけど、お経のあげ方とかが分からないんです…」

おばさん「じゃあ経本は持ってる?」

私「あ、ハイ。事前にネットで買って持ってきました。(見せながら)」

おばさん「ふーん…それ、いくらで買うたん?」

私「えっと…300円くらいですかね。」

おばさん「ふーん…そんなん買わんでも、うちで物買うた人にはパンフレットあげてて、その中に全部書いてあるのよ。こっちの方が分かりやすいよ、ハイ、これあげる」

私「(え…これ以上荷物増やしたくないのに。いいや、あとで捨てよう…)あ、ありがとうございます。」

おばさん「これ見てこの通りに読めばいいから。本堂の後は大師堂、大師堂ではこの部分は読まないのよ。それ終わったら戻ってらっしゃい。」

私「分かりました。」

 

この時点でこの売店で買いたくない気持ちが半端なかったけど、この売店、納経堂(御朱印を書いてくれるとこ)も兼ねているので戻ってこないわけにはいかない。「笠と杖が必要だ」と言っておいてご朱印だけ貰って帰るわけにはいかないし…あああああ。

 

結局、やはり御朱印を貰うともうすでにババアおばさんが笠を片手に待ち構えており、杖と笠を購入。2つで3600円くらい、相場かどうかは不明。

 

外に出て、霊山寺入り口のベンチで、笠のひもを事前にいっぽ一歩堂さんで購入した「笠フィット」に替え、杖の上の赤い部分を「杖フィット」に交換。その間に蚊が来るわ来るわ…虫よけしても間に合わないほどだった。霊山寺、なんかヤダ。ごめん。

 

初日ならでは?の痛いやらかし

2番極楽寺、3番金泉寺と順調に来て、金泉寺のお経を終えたくらいで、1番からずっと同じペースで来てる外人さんがいるのに気づく。ちょっと声かけてみるか。

f:id:izumislife:20160909233123j:plain

↑ブログに顔出し許可とってます

 

名前はジェラルドくん、フランスから来たそうだ。私に負けず劣らずなデカいバックパックを背負い、英語でかかれたお遍路ガイドブック1冊でチャレンジするらしい。大丈夫かい?日本人でもガイドブック1冊だけだとちょっと不安だぞ…

 

とちょっと心配になって「何かあったらいつでもメールしなさい(日本の携帯がないそうなので。2ヶ月滞在の予定で携帯持たないところからしてすでに危機管理が…)」とメアドを教え別れた。ジェラルドくんは先に行き、私はちょっと休憩してから出発…

 

もうすでに足の指が痛い。それと内反小趾 (外反母趾の反対にできるやつ)。買いたての新しいスニーカーがまだ全然足になじんでないからかな…

 

それに背中、肩…10kgの重みがぐんぐん来る。やっぱりこのリュックじゃダメだ、もっと本格的な登山用のやつじゃないと…。でもこれだって一応Colemanのやつだし、本格的なやつだって結局10kgなら重いのかもしれないし…。単に筋肉がついてないだけかな?歩き続けていけば、筋肉がついて慣れるのかも…いや、でも慣れる前にけっこう高い山登りがあるぞ。平地でこれだけきついんだから、山なんて…行けるのかな…

 

と考えていたときにハッと気が付いた。

 

3番金泉寺の御朱印をもらうのを忘れた…

 

時間にして30分くらい。行って戻ったら1時間余計に歩くことになる。どうしよう…タクシーに乗っちゃうか?

 

いや…一度でもタクシーに乗っちゃうと「実はあそこでタクシーに乗った」って自分で思いそう。完璧な歩き遍路じゃなくなってしまう。はぁ…歩こう。

 

けもの道で迷う…

今来た道を戻るのがこんなに辛いとは!足も痛いし背中も痛い。パソコンが、カメラが、デカい納経帳が…肩に!!!

 

やっとの思いで3番まで戻り、御朱印をもらい、休む間もなく再び4番へ。ちなみに朝ごはん食べてなくて、お腹がすいたので歩きながらウィダーインゼリーを飲む。

 

住宅街の中を抜ける道なのだが、おばちゃんやおじちゃんが会うたびに挨拶をしてくれるし、「暑い中大変ね~」とか「頑張ってね!」と声をかけてくれて嬉しい。

 

1人のおじさんがまた声をかけてきて「大日寺に行くなら、愛染院の方から皆行ってるみたいだよ。この先のガードレールの切れたところに矢印の標識があるから、そこから右に行ってごらん」と教えてくれた。

f:id:izumislife:20160909235555j:plain

言われた通り矢印の方に行く。

「へんろみち保存協会」の公式地図でもその方向になっているので安心して進んでいくと…

f:id:izumislife:20160909235726j:plain

え??こ、この坂???

 

でもこれ以外に道はない。右のトンネルは行き止まり(最後まで行った)し、左の道は戻る道だし、この坂以外にないのだ。ちなみに登って行くと…

f:id:izumislife:20160910000038j:plain

これ

もっと行くと…

f:id:izumislife:20160910000100j:plain

こう

…これ、この先行くって無理でしょ。絶対無理でしょ。

 

でもガイドブックやインターネットで4番大日寺への道の注意点を見ると、森林の中を行く、とか、けもの道とか書いてある。「嘘だろ…」と思いつつ、覚悟を決めてこの藪の中にちょっとだけ足を踏み入れたところ…

 

蛾かバッタか虻かよく分からない虫がいっせいに大量にぶわっっっっ

 

一目散に坂の下まで逃げました。ムリだ、きっとここ何日かの雨でけもの道だった遍路道が自然に還ってしまったんだ。私は人間の道(道路)を行こう。アスファルトがいい。そうだ。

 

遠回りしてもアスファルトの道から行こうとしたところ、別の「へんろ道はこちら→」の標識を見つけてそれ通りに進んでいくと…

f:id:izumislife:20160910001014j:plain

あれ?けもの道…

 

f:id:izumislife:20160910001437j:plain

森林っていうか竹林…あ、ガイドブックで言ってたのはこのことだったのか。

 

無事、2時間遅れで4番大日寺に到着しました。

 

晩ごはんを買い忘れる

その後、5番地蔵寺までは30分で到着。だいぶ足の小指と10kgのリュックを抱える背中&肩が痛むが、遅れを取り戻すためすぐに6番安楽寺へ向かう。

 

この日はそのまま安楽寺の宿坊に素泊まりするのだが、予約の時に「近くに食堂もコンビニもないので、来るときに買ってきてください」と言われていたので、途中の道で買おうと地図を見ると、セブンイレブン、その先にスーパーがある。

 

もう足の指、背中、肩、腰が限界に来ていた私は「少しの距離も晩ごはんの弁当と、明日の朝ごはんの食料を持って歩きたくない!よし、少しでも安楽寺に近い『スーパーでぐち』で買おう」と思い、セブンイレブンを素通りする。

 

10分後…

 

 

f:id:izumislife:20160910203044j:plain

 

スーパーでぐち、休み。か閉店か。

 

うそおおおおおおおおおおおおおおおおおおん……

 

今からまたセブンに戻ると行って帰ってくるだけでプラス20分。ムリ。体が悲鳴を上げている今、20分プラスはほんとムリ。

 

仕方ない、安楽寺から歩いて15分のところにローソンがあるから、一度部屋で休んで7時ころまた出かけよう。

 

と思い、ひぃひぃ言いながらやっとの思いで安楽寺に到着。納経してからお部屋に行きました。

f:id:izumislife:20160910203604j:plain

安楽寺宿坊。お部屋もきれいだし、館内もきれいで良いです。

 

安楽寺でお勤め…代わりのお寺ツアー

初日なんで書くこといっぱいで長いです、すみません。30日目とかになると一行で終わりそうな予感…笑

 

結局疲れすぎてて歩いて15分、行き帰りで30分のコンビニに行く気力が全くなく、館内の自動販売機(旅館とかにありそうな小さい、でもビールはあるやつ)のソフト飲料と、唯一持っていた食料であるドライフルーツ&ナッツを食べて晩ごはんにしました…結局この日は1食もまともに食べなかった。

 

安楽寺宿坊では通常、夜の7時からお勤めがあるのですが、この日はお通夜が入って住職不在のため、他のお坊さんがお寺の中を見せて解説してくれるツアーが行われていました。私も(ギリギリまで迷ったけど)疲れを押して参加。

 

普段は近くで見られないご本尊や弘法大師様の像に触ったり、黄金の巨大阿弥陀如来像の周りを「南無阿弥陀仏」と言いながら回る修行を、参加者でちょっとだけ体験したりと、なかなか濃い内容でした。ちなみに3番寺で話しかけたジェラルド君も参加。もう一人の外国人男性に通訳してもらいながら、一緒に「なむ~あみ~だ~ぶ~」って回ってましたよ。

 

まとめ

今日は初日なので驚きや発見が多く、長い日記になっちゃったんですが、これからはどんどん減っていくと思いますので、どうぞおつき合いください!

 

これから歩き遍路に出る方のための注意点

  1. 最後に納経堂に行って御朱印を貰うのを忘れない!(忘れないか…私だけ??)
  2. 1番霊山寺の本堂横、納経堂の売店のおばちゃんは結構気が強い!(押しに弱い人は注意。お寺の外にも遍路用品店はあるし、2番極楽寺の納経堂にも大体売ってます)
  3. 3番金泉寺~4番大日寺の途中にあるフェイク道標に気を付けろ!(徳島自動車道をくぐって、左のガードレールが切れたところにあるこの標識は無視。道なりに進むと「愛染院→」と書かれた標識があるので、そこから愛染院を目指す。)
  4. 6番安楽寺宿坊に素泊まりする場合は、県道12号のセブンイレブンで夕食・朝食を買う。その先の「スーパーでぐち」は閉まっている可能性あり。

 

以上です!!でわー!!!

 

この日の英語ビデオブログ


Shikoku Ohenro (pilgrimage) Day1 ~Mistake & Lost~ -09.Sep.2016 -Izumislife vlog!