読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四国歩き遍路 女一人旅 in 2016

1978年生まれの38歳、独身。ソウル→バルセロナ在住を経て現在日本に帰国中。2016年9月から念願だったお遍路さんに行ってまいります!うるう年ですが初挑戦なので順打ちで行います。

四国歩き遍路 第4日目(9月12日) 〜歩けども歩けども寺に着かずぢっとGoogleマップ見る

はー、もうすでに疲れてきた(オイ)…

 

今5日目で、徳島駅のスタバにいます。久しぶりの文明生活。

f:id:izumislife:20160913150348j:image

WiFiって素晴らしい。

 

それでは4日目の日記ですー!

 

 

山を降りるルンルンルンバ!と思ったら…

4日目の予定は12番焼山寺から13番大日寺へ移動、のみ。この日の宿は大日寺すぐそばの「名西旅館」を取ってあります。

 

昨日はあの「難所」と言われる山を登りきったわけで、今日は山を降りるのだからさすがに昨日よりはマシだろうと爽やかな気持ちで出発。

f:id:izumislife:20160913151438j:image

焼山寺のある山を後にする。

 

f:id:izumislife:20160913151533j:image

こーんな山道や

f:id:izumislife:20160913151553j:image

こーんな遍路道をルンルン歩いて30分ほどすると

f:id:izumislife:20160913151622j:image

こーんな入り口に出くわす。ん??の、登り???

 

聞いてないぞ!と思いつつ(後で見たらちゃんとガイドブックに書いてありました。そりゃそうだ)登り始める。

f:id:izumislife:20160913152842j:image

き、きつい!昨日の最後の遍路ころがし並みじゃないか。全く心の準備ができてない状態での遍路ころがしはキツイ!ヤメテクレ!!

 

やっと登りきって、坂を下り始める。今度はぐんぐん降りる。ふ、太ももに来るぜー。

f:id:izumislife:20160913153254j:image

 

雨なの?雨じゃないの?やっぱ雨なの?

山の景色に見とれながら坂を下っているとスマホがブーっとなる。なになに。ヤフー防災情報から「徳島県神山町 豪雨予報 強い雨」…なんだとぅ?

 

最近けっこうゲリラ豪雨が多く、このヤフー防災情報の豪雨情報も当たることが多かったから「こりゃーいきなり来られたらヤバイな」と思い、リュックを下ろし中からポンチョ、防水カメラをセッティング!おっしゃあ準備万端、豪雨いつでも来いっ!…

 

って全然来やしないんですよもちろん。でもってポンチョ暑い暑い、サウナスーツですから。雨降らないからポンチョの外はカラカラなのに内側は汗でベチョベチョみたいな。

 

降らないな、脱ぐか…と思ったところへまたまたヤフー防災情報の「豪雨予報 激しい雨」。うーん、じゃもう少し待つか…って

 

来やしねぇッ……

 

無駄にサウナスーツで汗かいただけなのでした。ヤフー防災情報め〜。

 

韓国人との旅、天ぷら

ポンチョを脱ぎ捨てまた山を下りていると、私より30分ほど前に宿を出た韓国人ご夫婦に追いついた。追い越して行くのもなんなので一緒に行くことに。

f:id:izumislife:20160914111429j:image

 

ひたすら、ひたすら山の道を川沿いに歩く…

f:id:izumislife:20160914111525j:image

f:id:izumislife:20160914111534j:image

 

この日はあんまり書くことがないっていうか、もう本当に ただ移動 という感じで、ひたすら暇だわ足は痛いわという修行。Google地図で位置を確認しながら行くのだけど、あの何回見ても「さっき見たところからこれだけしか進んでないの?まだこんなにあるの?マジで??」という感覚が、昔やってた暇すぎる喫茶店のウェイトレスのバイトを思い出させる。

 

韓国人ご夫婦の奥さんもけっこう来たことを後悔している様子。登山が趣味で日本の山に幾つも登ったけど、アスファルトの道がこんなに苦しいとは…と。そうなんですよね、歩き遍路の旅はほぼアスファルトなんですよ。足の裏に来るんですわ〜。

 

そして旦那さんはというと1人で色々ペラペラ喋ってる。仏教のこととか在日韓国人についてとか。私が(半分くらいしか聞き取れないので)ふんふん頷いて聞(いてるふりして)いたら、段々と日本人への怒り?なんか戦争の?アベが?慰安婦が?南京虐殺が?どーのこーのみたいな話をし始めて

 

 

 

 

 

 

あーーーめーんーどーくーせーーーーー

 

 

 

 

 

って思ったけどもちろんそんなことは顔に出さず「そーっすねぇ〜、難しいっスよねぇ〜〜」みたいな感じでやり過ごす。いつもの「日本人といるときは日本の味方を、韓国人といるときは韓国の味方を」という処世術。だって正直さ、

 

どーーーーーーーーっちでもいいんだもん、マジで。すみません…

 

 と、そうこうしているうちに小さな町を通りかかる。おじさんが「小腹がすいた」と言いながら昔ながらの商店に入り、あずき最中アイスとサツマイモの天ぷらを買う。韓国人だなぁー!!!

 

日本だと山登り(まぁこの日は単にダラダラ歩いてるだけだけど)に天ぷらって絶対食べないですよね?韓国ではなぜか、山登りに行くと頂上でマッコリ(酒)と天ぷら食べたりします。不思議だー。

 

韓国人の女住職(舞踏家)がいる寺

やっとやっと、やーーっと13番大日寺に到着。

f:id:izumislife:20160914202549j:image

着く頃はけっこう雨が降っていた

 

この13番大日寺は住職がなんと韓国人女性で、しかも韓国舞踊の人間国宝?的な存在らしい。なんでそんな人がこんな四国の住職に??と、聞いた時は疑問に思ったがまぁネットで調べたら色々出てきたわけで…

 

でも最近はネットの情報も鵜呑みにできないし、韓国人ご夫婦と一緒に行ったからもしかしたら住職に会えるかなー?とか淡い期待を抱いて行ったが、結果「住職は出張で不在です」だって。ズコー!

 

めちゃ優しいおじさんのいる宿、名西旅館

大日寺のすぐ隣にある名西旅館 花。素泊まりがなく、2食付で7000円とちょっとお高いですが、その分料理が豪華!

f:id:izumislife:20160914203624j:image

 

ここのおじさんがすごーく優しくて良い人で、雨にふられて少し濡れていた私のスニーカーに新聞紙を入れといてくれたり、晩ごはんの時にわざわざ呼びに来てくれたり、設備は超新しいということはないけど、泊まるとほっこりする宿です。オススメ。

 

まとめ

この日は最初の峠越えから始まり、後半はとにかく歩いて歩いて歩いて…と、前日の遍路ころがしの焼山寺登山とはまた違うけど、でもやっぱり辛い日でした。っていうか、歩き遍路始めてからこれまで楽な日なんて1日たりともないわ!!

 

毎日毎日がべりーべりーはーどです。べりーはーど。

 

これから歩き遍路に出る方のための注意点

  1. 焼山寺を出て、すだち館を過ぎたらけっこうすぐ、前日の遍路ころがしを思わせる急勾配の登り坂が約30分ほど続きます。覚悟あれっ!
  2. 途中「ほんとにこの道?」みたいな草むらの道通ります。マムシに注意!(実際草むらで見かけました) 金剛杖で草を避けながら、鈴を鳴らしながら進みましょう。
  3. 川沿いを歩くところから延々と道路を歩きます。足疲れます。…それだけです。覚悟あれ…

 

以上デス!延々歩きやだよー暇だよー辛いよー通り過ぎる車がスピード下げないからムカつくよーやだよー

 

でわっっ!!!

 

この日の英語ビデオブログ


Shikoku Henro (pilgrimage) Day4 ~Walking with a Korean couple -12.Sep.2016 -Izumislife vlog!