読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四国歩き遍路 女一人旅 in 2016

1978年生まれの38歳、独身。ソウル→バルセロナ在住を経て現在日本に帰国中。2016年9月から念願だったお遍路さんに行ってまいります!うるう年ですが初挑戦なので順打ちで行います。

四国歩き遍路 第8日目(9月16日) 〜ウミガメに会いに行く!

にゃにゃにゃ!izumiです!

 

このブログを書いている今現在、9月20日で高知にいます。そして…

 

台風16号が高知上空をまさに通過中です。

 

ホテルの外の風の音がすごいです…

 

しかし!たまっていたブログと動画を上げるのには(あと痛んだ足と体を休めるのにも)絶好のチャンス!!!これはお大師様がきっと「休みなさい。そしてブログを上げなさい」と言っておられるのだわ。お、お大師様ぁ~~、アザス!!!!

 

 

ナナちゃんとそれぞれの道を行く

昨日の「民宿 山茶花」で連日の疲れもあり、夕食の後に洗濯をし、そのままブログも更新せずに寝た私。朝起きたらスッキリ!そりゃそうだ。10時間くらい寝てるんだもん!この日以降、疲れをとるには何はともあれ睡眠が一番と学んだ私(その代わり顔がすごく浮腫む)。

 

昨日の太龍寺から一緒になった大学生のナナちゃんと山茶花を7時半ころ出発して、一路23番薬王寺を目指す。徳島県最後のお寺だ!

 

この日はそのまま薬王寺の宿坊に泊まろうと思っていたのだけれど、実はそれ以外にも行きたいところがあって、ちょっと急いでいた。行きたいところというのはここ↓

そう、うみがめ博物館カレッタ!!

こんな素敵な博物館があるなんて知らなかったよ!!それにちょうど遍路道沿いにあるなんて、もうこれは運命としか思えない!!

 

薬王寺には大体午後3時ころ到着予定、うみがめ博物館は午後5時までなので「急いで行かなきゃ!」と焦っていた私。それに加えて前日は10時間しっかり寝ているので元気元気、足が前へ前へと進む。ところが…

 

動画撮ったり写真撮ったりしながら1人でペラペラしゃべりながら進んでいると、気がつくとナナちゃんが後ろにいる。「早く歩き過ぎたかな?」と思って歩調を緩めるも、気がついたらナナちゃんよりずっと先に進んでしまっている…

 

昨日は山の上り下りだったから気がつかなかったけど、平地での歩くペースが私とナナちゃんではだいぶ違っていたのだった。

 

うみがめ博物館カレッタの予定さえなければ、ゆっくりと行っても良かったんだけど…どうしてもこの日に行かなければ次の日からの予定が狂ってしまうため、悲しいけれどナナちゃんとは別々に行くことに(ナナちゃんは「全然大丈夫です!先に行ってください!」と言ってくれたけど)。

 

歩き遍路をしていると(きっとこれからも)色んな出会いがあって一緒に歩いたり別々になったりすることもあるんだろうけど、それぞれメリット・デメリットがある。一緒に歩くと話をして気が紛れるから距離をそんなに長く感じなかったり、でも歩くペースはそれぞれだからずっと一緒だと(もともと2人で来ているのでなければ)きっとどこかで無理が出てきてしまう(実はもっと速く歩きたいとか、ペースが速すぎるとか)。難しいなぁ…人間関係そのものだなぁ。

 

カニ、そして海、そして山

22番平等寺から23番薬王寺に行くルートは2つある。ひとつは国道55号を行く道。この道の方が若干近いし早く行ける。ただし車がビュンビュン通る国道、しかもトンネルが多いので景観は良くないし怖い。

 

もう一つは国道を行かず、海側の一般道を延々と行く道。国道に比べると3~4km長いが四国の歩き遍路を始めて最初に海を見れる機会だし、トンネルも少ないのでそんなに怖くない。

 

この日はけっこう晴れていたので、早く行きたい気持ちはあるけど海側の道を行くことに!(あと宿の人に55号は危ないと諭された)

 

何度かなだらかな峠を越えていくと、見慣れない標識が…

 f:id:izumislife:20160920135231j:image

カニに注意

注意しづらい、すっごい注意しづらそうだよ…

 

6月~9月の夜が特に注意ということで、車でカニを潰しちゃったときの音を想像しながら歩いていくと

 f:id:izumislife:20160920135558j:image

いた。カニ。

 

この後も相当たくさん見かけました。この日だけじゃなく高知県の海岸線沿いには割とずっといる、カニ。ホテルの中にもいるよ。

 

そしてそして、ずんずん進んでいくとついに!

f:id:izumislife:20160920160317j:image

海来たーーーーーー!!!!!!いやー、テンション上がった!ここ数日雨降ったりしてたけど、この日は天気が良くて海もきれいでした!

 

でも「海うみ~☆」とか言って騒いでたらけっこうすぐ…

f:id:izumislife:20160920160633j:image

山!なんかもう毎日見てる気がするこの山への入り口!!しかも海のすぐそばなのにお構いなく山!

 

潮の香りを感じながら行く山道は、なんだか妙なものがありました…しかもけっこう長いっていうね。いや、上りはそんなに長くないんだけど、横に長い。「俳句の小径」っていう名前がついている道らしく、途中に投書箱があり採用された俳句が木に書かれて立ててあります。

 

でもそんなの読んでる暇はねぇ!ウミガメちゃんが待ってるんだーうおりゃー!!とガシガシ進んでいくと、私とナナちゃんより30分くらい先に出発した、同じ民宿山茶花に泊まったKさんご夫婦に追いついた。

 

ちなみに、この日に泊まろうと思っていた薬王寺宿坊に朝からちょいちょい電話をしてみるも電話に出てくれないので、まだ宿の予約が取れていない状態だった。

 

Kさん夫婦に本日の宿を訪ねると、元々国民宿舎だった「ウミガメ荘」という宿だという。「元国民宿舎だからけっこう良いと思うよー」ということで、素直に従いウミガメ荘に電話、無事予約が取れた(素泊まりで確か6000円)。ちなみに…国民宿舎って何だろう?今でもよく分からない…

 

ここで会ったがバルセロナ

やっと山を越え、坂をぐんぐん降りていくと、お遍路さん用の無料休憩所(単なるベンチ&屋根的なところ)に誰か2人休んでいる。12番の焼山寺に登った時に見かけた野宿の人かな?と思い、少し遠くから「こんにちはー!焼山寺の時にお会いした方ですかぁーー!!?」と声をかけると「ダメダメ」みたいな感じで手を大きく振ってくる。人違いだったかな?と思いながら近づいていくと、なんと外国人のカップルだった。

 

男性の方がガイドブックを見ながら「アーニホンゴーチョトーデキマセン!」というので「あーOKオーケー、どんうぉりー!」ってな感じで英語で話しかける。男性に出身を聞くと「カナダ」、女性に出身を聞くとなんと「スペイン」と言う!

 

OH、エスパーニャ!ムチョグスト!!(初めまして)

 

私がスペイン語で話しかけるとめっちゃ驚いていた(日本でスペイン人に会ってスペイン語話すとたいていすごくビックリされる。まだまだスペイン語人口は少ないようだ。)聞くとなんとバルセロナ出身だという!なんだなんだ~世間は狭いなぁ~!早速写真を頼まれる。もちろん私もお願いする。

f:id:izumislife:20160920164358j:image

スペイン出身のマイカ。よくこんな田舎においでました…(オイ)

 

ちなみに彼氏のピエールとはフランス語で喋ってました。カナダでもモントリオールとか、フランス語圏出身みたい。そしてマイカは、スペイン人にありがちな「英語がちょっと(だいぶ)苦手」な人。なのでマイカと私がスペイン語で話し、それをマイカがフランス語で訳し、私とピエールは英語で話し、それをピエールがフランス語で訳すというややこしい事態に。共通言語がないって不便!早く中国語を習得して、その次のフランス語に進まなくっちゃ!←

 

そしてついに…ウミガメ!(無料) 

先を急ぐ私は2人にバイバイして出発!でももうだいぶ近くまで来ていた。この日の行程は海あり山ありで景観に飽きがなく、距離も20数kmで今までに比べると楽な日でした。山道を通って再び海に出る。

f:id:izumislife:20160920170025j:image

大きな岩が美しい景観

f:id:izumislife:20160920170102j:image

盆栽っぽい、かっこいい岩!

 

海に出てから割とすぐに今夜の宿「うみがめ荘」に到着。

f:id:izumislife:20160920170431j:plain

ワイドレンズで撮影したので歪みがすごくてごめんちょ。うみがめ荘、けっこう古め。

 

そしてお目当ての「うみがめ博物館カレッタ」はなんと「うみがめ荘」の目の前にあった。それどころか、カレッタのうみがめがいるプールの一部はうみがめ荘側からも自由に見ることができるようになっていて

f:id:izumislife:20160920170730j:image

これ、無料で見れます。

f:id:izumislife:20160920170807j:image

こんなのも

f:id:izumislife:20160920170822j:image

こんなに近くまで、無料で見れます…というか触れます、触れる距離です(噛むから触らない方がいいと思うけど)。

 

えっと、じゃあカレッタ行かんでいいやんけ!( ゚Д゚)

 

と一瞬思ったが、せっかくここまで速足で来たし、中でもっとウミガメ見れるかもしれないし…と思い、入場料600円を払い中に入りました。

 

中の様子はYouTubeの動画の方に載せるので興味がある方はそちらを見ていただくとして…ま、あの…特別中に入ってすごく得られるものもなかったっていうか

いや、子ウミガメとかも見れたんでいいっちゃいいんですけど…でもまぁ言ったらそれだけっていうか…ウミガメが浜辺で出産するビデオ上映なんかも、もう今の時代見ようと思えばネットでいくらでも見れるっていうか…ごめん、ほんとワガママでごめんね。

 

でも陸ガメだけはめちゃめちゃ可愛かったです!!

f:id:izumislife:20160920171801j:plain

必死でレタスを食べる陸ガメくん。まだ子供かな?可愛い…欲しい、あぁ欲しい…

 

古民家カフェまめぼん超オススメ!

カレッタを出てそのまま23番薬王寺へ。ちなみにリュックはうみがめ荘に置いて行きました。楽ちん♪

f:id:izumislife:20160920172218j:image

薬王寺への道で見つけた「うみがめ公衆電話」…色んなもの悲しさを語る背中です…

f:id:izumislife:20160920172227j:image

23番薬王寺をサクッと参拝。来た見た撮った…じゃなくてお遍路の場合、来た(お経)読んだ(御朱印)貰った、ですな。

 

うみがめ荘は素泊まりだったので、参拝帰りに古く廃れた商店街で唯一オシャレな雰囲気を醸している「古民家カフェまめぼん」へ。外の黒板に「きのこすだちパスタ」と書かれていったのが気になってお店に入ってみる。

f:id:izumislife:20160920172752j:image

この三角の旗?の紐?みたいな?何だろう、でもこれがあるとなぜかオシャレ!みたいな雰囲気あるよな…

f:id:izumislife:20160920172858j:image

手作りパン。モチモチで激ウマ。この時点でパスタの成功をほぼ確信。

f:id:izumislife:20160920172944j:image

おろしきのこパスタにすだちをかけて食べる。ハイもちろん美味しかったです。

f:id:izumislife:20160920173018j:image

隣の席のおばちゃんが「デザートうまいうまい」言ってたのでデザートも頼んでみる。ベリーティラミス。こんなに濃厚なマスカルポーネチーズのティラミスを食べたのは初めて。とにかく全部美味い!!

 

これだけ頼んで全部で1500円くらいです。雰囲気もいいしWi-Fiあるし、家の近所にあったら絶対毎日来てるわ…お姉さんたちの接客もすごく感じがいいし、もうほんとにオススメ。薬王寺に参拝の方は絶対行ってください!!

 

まとめ

22番平等寺から23番までの道は、本当に今までで一番楽でした。でも最近気づいたんだけど、同じ道でも体調とか天気とか、あと人によっても感じ方が全然違うんですよ。なので「~番の道は辛かった」とか「~番は思ったより楽だった」とか、とにかく他人の言うことはあまり信じない方がいいですね。

 

全部辛い、毎日辛い、きっと今日も辛い、昨日よりももっと辛い

 

と思っておいた方がいいです。毎日毎日、宿では結局ペンギン歩きですからね。明日もきっと今日より辛い…

 

これから歩き遍路に出られる方のための注意点

  1. 22番平等寺から23番薬王寺への道は2つあり、国道55号を行く道と海側を行く道があります。国道55号は近いですがトンネルばかりで、宿の方はあまりオススメされてませんでした。ただ行ってる方もいるのであなた次第です。海側は平坦な道かと思いきやけっこうアップダウンあります。山道もちょっとあります。ただ海や山の景観を楽しめるので、海でテンション上がりたい方にはオススメ。
  2. 海側から来られた場合、大浜海岸に下りる道(「うみがめ荘の近道」と書いてます)から下りてうみがめ荘前に出ると、うみがめを無料で見ることができます。
  3. 薬王寺への参道沿いに「古民家カフェまめぼん」というお店があります。雰囲気よし、料理よし、サービスよし、Wi-Fiありの良店です。オススメ!

 

以上!これ書くのにすっげー時間かかった…もう台風過ぎ去ってめっちゃ晴れてるし!!!

早く残りも書かなきゃ。ムキャー!