四国歩き遍路 女一人旅 in 2016

1978年生まれの38歳、独身。ソウル→バルセロナ在住を経て現在日本に帰国中。2016年9月から念願だったお遍路さんに行ってまいります!うるう年ですが初挑戦なので順打ちで行います。

四国歩き遍路 第9日目(9月17日) 〜人生で最も歩いた日

にゃす!izumiです!

 

まだまだ台風(過ぎたけど)によりホテル缶詰中。たまってるブログを全部あげちゃうぜ~!!

 

読んでる方も大変だと思うので、簡潔にね。あの、書きすぎる傾向にあるから…それで自分も参っちゃうわけよ、うん。全てにおいて過剰、そしてゼロへ。100か0かみたいな…そんな自分の性格が嫌だ…うん…

 

っだぁー!また書きすぎてる!!行ってみよ(/・ω・)/

 

 

あのるるぶが40km歩けってよ

この日の前日「うみがめ荘」にて、一緒の宿に泊まっていたKさんご夫婦の奥さんが「泉ちゃん、明日どこまで行く予定?」と聞いてきた。

 

そうだ、明日はロングウォークなのだった、と思い出す。23番薬王寺から24番最御崎寺までは1日では絶対に行けない長距離なので明日は移動日なのだった。

 

私はるるぶ四国八十八箇所ガイドブックの「歩き遍路モデルプラン」に沿って事前にプランを立てていたので(自分で考えるのが億劫で…)、プランを見てみると薬王寺から最御崎寺のちょうど中間地点、高知県の生見の宿に泊まる、と書いてある。

 

Kさんに「一応明日は生見まで行こうかと思ってますけど…」と言うと、「え!?生見って遠くない?ここから何kmあるの?」と言うのでGoogleマップで調べてみると41km…

 

41km⁉

 

距離を全く調べずにプランを立てた私もアホだが、今までの人生でこんなに歩き続ける旅をしたことがないので、その日歩く距離を調べるということが頭に全くなかったのだ。ただ、歩き遍路を始めて今まで一番きつかった、4日目の焼山寺から大日寺でさえ26kmだったのだから、41kmなんて未知の世界だし想像もつかないし、まぁ死ぬことだけは確かだった。

 

ただ41km歩けば、確実に2日で最御崎寺に到着できる。というかそのプランで行かないと、その後々まで「るるぶプラン」ベースですでに計画表を立ててしまっているので、書き直すのが面倒…という気持ちもあった。Kさんは無理せずに、ロングウォークを2泊3日で行くという。

 

「無謀だよ~泉ちゃん。大丈夫?」「うーん…と、とりあえず1回やってみます!」と返事をした。40km、しかも10㎏の荷物を担いで歩く。未知の世界であることは間違いない。…というか

 

るるぶ、結構キツイことさせるなぁオイ!

 

女性読者が主なるるぶは、絶対ゆるめのプランを提示してくれてるんだろうと思ってたけど…よく考えたら「歩き遍路(しかも通し打ち)」なんて、るるぶを買うようなヤワな女性らしい女性は普通まぁしないわな。…じゃああの歩き遍路プランは一体だれターゲットなんだろう。分からん。

 

早歩きでガンガン行くも早速辛い

この日はとにかく速く歩いて距離をかせがないといけないので、あまり写真を撮ってないんです。なので文章ばかりになってしまうと思う…っていうか文章すらあんまりないよ!みたいな。

 

とにかく歩いて歩いて歩きました!辛かった、ハイ終わり!

 

みたいな1日なんですけど、とりあえず「izumiの気持ちの移り変わり」を書くことにします。

 

前日うみがめ荘の近くのスーパーで、アクエリアス500mlを2本、カロリーメイト4本入り1箱、それにバナナ4本を買っていたこともあり、たぶんリュックは12kgくらいになっていたと思う。それを担いで7時15分頃出発…するも、いきなりマイク真木を4段階くらい落としたみたいな大きな黒い犬を連れたおじさんに会い、犬に戯れているうちに話につかまり、缶コーヒーをごちそうになり(断れず…)20分ほどロスしてしまう。早く行かなきゃなのに!!

 

おじさんに「生見までは絶対ムリ!」(出た「絶対」、この言葉聞くとなぜか「じゃあやってやろうじゃん」と思ってしまうから聞きたくないのに)と言われ「その手前の町にホワイトビーチホテルっていうところがあって、マネージャーでS田っていうのがいるから、そいつに「H山さんの紹介です」って言えばよくしてくれると思うから、そこ行ってみ」と言うので、「分かりました!ありがとうございます!じゃ!」とか言ってなんとか立ち去った。後ろ足で後ずさりながらもずっと話しかけてくるので、本当に困った似非マイク真木だった。

 

だいたいこういう親父の言う「○○行って俺の名前出せば良くしてくれる」的発言を実行して良くしてくれる施設なんて皆無だと思うのだが。私が従業員側だとしたらはた迷惑もいいところだ。しかもGoogleマップで調べたら、私が泊まる予定の生見から30分くらいしか離れてないところじゃないか。なーにが「絶対ムリ!」だよ、適当言いやがって。

 

といきなりダークな気分で始まった予定40kmの朝、遅れを取り戻すためにもガンガン歩く。ところが…歩き出して1時間もしないうちに、もう足裏が痛い…嘘だろ。

 

前々日に10時間くらい寝たせいか、前日はそんなに疲れてなかったせいか、うみがめ荘で夜寝ている間何度か起きてしまったのだ。つまり眠りが浅かった。まぁ荷物が思いのが一番の理由だと思うけど。

 

とにかく、お昼12時の時点でどこまで行けているか。その時の状態を見て40km行けるのか、諦めてその手前の宿を探すのか決めようと思った。

f:id:izumislife:20160920215229j:image

一応歩きながら撮った写真。水の風景があると撮りたくなるみたい。

f:id:izumislife:20160920215245j:image

海岸線を歩く…でも海の風景を楽しむ余裕なんて1ミリもない。

f:id:izumislife:20160920215256j:image

こんな海の景色を見ながらも思うことはただひとつ。「足が痛い」

 

海鮮丼の隠れた名店、味政

事前に調べておいた徳島のB級グルメに「南阿波丼」というものがあり、それを出してくれるお店がちょうど遍路道沿いにあるので、この日のランチは「南阿波丼」にしようと前々から決めていた。そのお店の名前は「味政」。

 

味政に着いたのはお昼1時過ぎくらい。ばっちり予定通りだ。ただし、足裏の痛みが尋常じゃない。これは予定外だった。

 

とにかく、お腹もすいてるし食べよう。3~40分座っている間に足裏も少しは良くなるかもしれないし…今日の宿のことは食べ終わってから考えよう、と思い店に入った。(宿はまだ予約してなかった)

f:id:izumislife:20160920220056j:image

お店の外観。「営業してるの?人ん家?」って感じのお店です。場所もけっこう辺鄙な…というか住宅地の中にある。 

 

中に入ると…外観に反して結構お客さんがいる。この辺の地元の家族連れとか(土曜日だからか)ご夫婦で来てたりとか…ってことは絶対美味しいってことじゃん!これは期待できる!!

 

早速メニューで南阿波丼を探すも載ってない。一番大きく「海鮮丼!」の写真が載ってて確かにおいしそう…海鮮丼、食べたい。でも海鮮丼なら福岡でも食べられるし、ここはやっぱり南阿波丼でないと…と思い店員さんに「南阿波丼ってないんですか?」と聞くと「うちは海鮮丼が南阿波丼のことなんです。」と衝撃的発言!あぁ…そうなんだ。ま、良かったようなガッカリなような。笑

 

海鮮丼の並1200円を注文し、待つこと5分…

 

f:id:izumislife:20160920220207j:image

でーかーいーーーー!!!!! 

そしてうまそーーーー!!!!なんとサザエが載ってる!やったぁ♡

 

いや、もうめちゃくちゃ美味かったです。サザエと、あと海老がもう最高。大きすぎてご飯はちょっと残しちゃったんですけど、刺身部分は完食しました。事前に調べてて良かった!(他の歩き遍路の人に聞いても誰も知らなかったみたい。けっこう遍路道からすぐのところにあるので、歩き遍路の人にぜひお勧めしたい名店です!)

 

野宿のK太くん、いやK太じいちゃん

ご飯を食べて足も少し良くなったので、やはり元から予定していた生見の宿を予約することに。昼食後すぐに電話して予約をとった。距離はちょうど半分を少し過ぎたくらい。これから休みなしに歩いて4時間。休憩入れたら6時近くにはなるだろう…よし、やるしかない!頑張ろう!

 

午後になると雨が降ったりやんだり。ポンチョを出して着てみたかと思えば晴れてきたり。変な天気だった。そのうち少しづつ晴れだして温度が上がる。暑いとそれだけで喉も乾くし体力も消耗する。自販機で買う(しかない、お店がそんなにないので)スポーツドリンク代だけでも馬鹿にならない…

 

今日だけで5本目くらいのスポーツドリンクを買おうと自販機に寄ったら、何度かお寺で見たことのある歩き遍路の人に遭遇した。ちょっと話しながら行くことに。

 

見た目からして20代の大学生っぽい。なんと野宿をしながら回っているらしい。野宿組にしては荷物が少ない、少なすぎる!普通、野宿だと10kgは確実に超えるのに8kgくらいだという。私の荷物より軽い…聞くと、カメラも持ってきてないし、携帯もスマホじゃなくガラケーだという(まぁスマホガラケーかは重量にあまり関係ないが)。

 

「カメラないの?!一生に一度の遍路旅かもしれないのに?」と言うと「目で記憶する」とか言う。おじいちゃんか!

 

話しているうちになんとなく「もしや…」と思い、「もしかして九州の人じゃない?」と聞くと「なんで分かるんですか?」と言う。ふふふ、私、東京に住んでた時も何人か九州出身の人を当てたことがあるんですよ(男に限る。女は化粧とかで分かんなくなるんだよね)

 

途中、宍喰町セブンイレブンに寄った。パピコが食べたかったのでパピコ買って、半分をK太くんにあげると、K太くんが「お礼に」と、どこかの山で拾った栗をくれようとする。いや、いらんし。それめっちゃいらんし。どうやって食べたらいいか分からんし、この状況で。っていうか山で栗拾うとか、おじいちゃんか!

 

とか突っ込みながらアイスを食べてたら、他の歩き遍路の方も続々やってきた。K村さんもやってきて、このセブンからすぐの宿に泊まるという。K太くんもこの宍喰町の無料休憩所で野宿だというし、なんだか私一人でこの先まだ1時間40分も歩かなきゃいけないのが急に心細くなってきた…

 

そこでやっぱり私も宍喰町に泊まろうと色んな宿に電話するものの、なんと全て満員御礼。そうだ、連休中だったんだ…こうなったら30分だけでも手前の、例の似非マイク真木が言ってた「ホワイトビーチホテル」でもいいやと思い電話するも、朝食付き(夕食なし)で8300円だか8900円だかと言われ、さすがにたかだか30分にそんなお金を出すのはもったいないので、結局最初に予約した生見の宿「サウスショア」まで歩くことにした(ちなみにサウスショアは素泊まり3800円)。

 

最後の1時間、掛け声で乗り切る

K村さんともK太くんとも、その他の歩き遍路の人たちとも別れて1人で先を目指す私…時間は午後5時。だいぶ暗くなってきた。車がビュンビュン通り過ぎる道を一人で行く。ずっと海岸線だったのに、こんなときになって山のトンネルを行く…辛い、痛い、心細い。でも行くしかない。どうせあと1時間、1時間だけ歩けば休めるんだ(いや、宿でも洗濯とかいろいろしなきゃだけど…)

 

最後の1時間はもうよく覚えてない。とにかく、前に進むには声を出すしかない。「イチニ、イチニ、イチニ…」

 

あと、この考えは非常に失礼な、比較するのもおこがましい考えだとは思うんだけど、なぜか戦争中のことを考えたりした。南の島で戦った若い兵隊さんたちが、あてもなく、食べ物もなく、同志である若者がマラリアでバタバタと倒れていく中、とにかく前を目指して進んだりとか。または満州で暮らしていた日本の開拓民が終戦と同時に引揚船を目指して着の身着のまま死の行進をしたこととか。そんな状況に比べたら今の私のこの辛さなんて絶対にまだまだまだまだぜんっっっっぜん余裕なんだろうと思いながら頑張った…本当にすみません…

 

生見が近くなると街の様子が変わってくる。なんか…オシャレ?江の島?的な?要するにサーファーの街だった。

f:id:izumislife:20160920225228j:image

これがこの日の宿、サウスショア。なんとプール付き(小さいけど)。真っ黒に日焼けした若者たちの中に笠をかぶったお遍路おばさんが1人…という状況

 

上半身裸のサーファーたちが、サーフボードを抱えてうろつく街に、杖をつきながら半死の状態でたどりついた私。部屋は狭く、ベッドも2段ベッドで全然くつろげなかったけど、とにかくもう辿り着いただけで達成感というか、その日はなにも考えず、ブログも動画も何も編集せず、お風呂に入って洗濯してすぐに寝た。

 

とにかく、歩いた。人生で初めて。10kg背負って40km。やった。やれたんだ。

 

まとめ

実はこの次の日も40km近く歩いたわけなんですが、この日ほど辛くはなかったんですよね。やっぱりこの日は暑かったし湿度も高かったし、平坦な道だけじゃなくてアップダウンもけっこうあったし、単に距離だけじゃなく、天気、道の高低、体調とかにもすごく左右されるので、なかなか計画通りに行かなかったりする部分もあると思います。

 

そういうのも、もしかしたら山登りとかされてる方にとっては当たり前のことなのかもしれないけど。今まで全然アウトドアな性格じゃなかったので、発見続きで面白いっちゃ面白いです!それにやっぱり、歩き旅は人との出会いが多くてそれが本当に大きな魅力の一つですね!

 

まだまだ9日目、これからもいろんな出会いや事件があると思うので、楽しみなような怖いような…

 

とりあえず、台風で1日ホテルに缶詰めだったのに全部ブログを上げられなかった遅筆な自分が悔しいー!でも明日もまた大変な1日になりそうなので、今日はもう寝ます!!

 

これから歩き遍路に出られる方のための注意点

  1. 23番薬王寺から24番最御崎寺まで行かれる方は、けっこう皆さん宍喰町あたりで宿泊されてる方が多かったです。宿は「はるる亭」と「民宿えびす」がけっこう良かったと聞きました。
  2. 薬王寺を朝7時ころ出発すると、ちょうどお昼時に海陽町浅川の「味政」に行けます。海鮮丼(並)1200円がボリューム満点で激ウマです!遍路道からすぐなのでぜひ!
  3. 生見で泊まられるなら、正直サウスショアはお勧めしません。2段ベッドのマットレスが薄すぎて背中にベッドの板が響いてガタガタ、エアコンは有料(1時間100円)、洗濯機の脱水機能が壊れて脱水してもしてもビチャビチャ、乾燥機はありません。生見で泊まられるなら「民宿みちしお」がけっこう良いそうです。

以上!明日は5時起きだーい!!寝よう( ゚Д゚)