読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四国歩き遍路 女一人旅 in 2016

1978年生まれの38歳、独身。ソウル→バルセロナ在住を経て現在日本に帰国中。2016年9月から念願だったお遍路さんに行ってまいります!うるう年ですが初挑戦なので順打ちで行います。

四国歩き遍路 第13日目(9月22日) 〜ついにSG中山さんにギブアップ!

ついに…スーパーおじいちゃん中山さんにお別れを告げる日がやってきました。

 

いやだってね…スタスタだよ?スタスタスタのスタだよ??

 

ふくらはぎ、すっげーーー太いんだよ!?!?

 

やっぱり70歳でフルマラソン走っちゃう人は違います。ほんと、歳じゃない。歳じゃないんだよ…

 

というわけで、れっつらぁごっ!

 

 

3人で集合、1人奇跡の集合

住吉荘でアンモニア臭にまみれて眠り、翌日はやっぱり午前6時に出発。ちなみに私1人のときは7時出発が多い。前日ブログとか書いてて眠るの遅くなるからな…でも早く出れるなら早く出るに越したことはない。涼しいし、早く宿に着けるし。

 

前日、K太が野宿すると言っていた道の駅を通る。電話してみると「まだ出発していない」ということなので、じゃあ一緒に行こうかと道の駅で合流することに。しかしこの道の駅、普通の電車の駅とも一緒になってて広いし複雑!「どこー?」と電話しながら探し回って、やっと会えたと思ったら雨がポツポツと降り始めた。駅の前で荷物を下ろしてポンチョを着ていると、電車の駅から出てきたアイトール…

 

まるで待ち合わせをしていたかのように集まる昨日の4人!

 

というわけで、昨日に引き続き4人で歩き始めた。

 

ところがこの日はちょっとタイトスケジュールだったのだ。元々私が(るるぶのモデルプランを元に)立てた計画表では、この日は28番大日寺から30番の善楽寺までだったのだが、中山さんが「31番まで行けそうだね。でも31番から高知市内のホテルまでけっこう遠いから、タクシーでホテルまで帰ろう。タクシー会社に電話したら31番から2000円くらいだそうだから、2人で割れば安いしね。」と言うので、「そうッスね!」と安易に答えてしまい、この日はそういう予定になっていた。

 

でも予定を立てたのは中山さん。私は31番までどれくらいの距離なのか、何時までに何番まで行けば予定通りなのか、そういうことは一切知らなかった。ただ中山さんについて行けばOKと思っていた、今まで通り。

 

ただこの日は2人じゃなくて4人だったし、問題は私が大の話好きっていうことだったんである…

 

話す、話す、そして滑る

これまで歩き遍路を始めて色んな人と会ってきた。鹿児島の大学生ナナちゃん、優しいご夫婦K村さん、東京のテレビ関係Tさん…でもみんな、話したといっても半日とか、ほんのちょっととか。

 

中山さんとは室戸岬の手前からもうかれこれ4~5日くらいずっと行動を共にしていて、宿もずっと一緒だし、もう正直歩いてる間も話すことがないというか、正直同年代の人と話すことに飢えていた!

 

そこでこの日はずっと、アイトールと話し、K太と話し、またアイトールと話し、またまたK太と話しながら、まずは28番の大日寺へ。道順も中山さんが先頭きってスタスタ行ってくれるので、それを追いかけるだけなので楽だ(った、この時までは)。

 

そして28番大日寺に到着!

f:id:izumislife:20160928215931j:plain

恒例の記念撮影。一応今まで1番除いて全部のお寺の山門の前で自撮りしてます…と思ったら、この日の最後のお寺で自撮りし忘れた!ショック!!理由は後で話します…

 

28番参拝後、お寺の前の遍路用品店で探していた手ぬぐいをゲット!実は以前、10番の切幡寺参拝の際、荷物を預かってもらった浅野総本店さんで購入した「四国八十八箇所霊場巡拝」の素敵な手ぬぐいを、生見のサーファー宿に忘れてきてしまっていたのだ。

f:id:izumislife:20160928220651j:plain

これが切幡寺で購入し、サーファー宿に忘れてきた手ぬぐい。今見たら、新しく買ったのとちょっとだけ違った…でもほとんど一緒だから、まぁいっか。

 

無くして以来、もう一度手に入れたくてお寺に行くたびに遍路用品をチェックしたり、お土産屋さんを見たりしたのだが「もう製造してない」とか「以前はあったけどね~」と言われて、探し当てることができないでいたのだ。その手ぬぐいをやっと見つけたので「やったー!」と興奮し、購入した手ぬぐいを握りしめて大日寺の石の階段を下りていたら見事に

 

ツルっ!スッテーン!ドンっ…と尻もちついてしまった。片手に手ぬぐい、片手に杖を持ってたので、手すりにつかまってなかったのが悪かった。朝にちょっと降った雨で、石の階段がもうツルッツルでした。

 

アイトールに手ぬぐいをリュックに入れてもらい、今度は手すりにつかまりながらおそるおそる下りていると、後ろからバスツアーの団体さん達が。

 

私が「気をつけてください、私今滑ったんですよ~」と言い終わるか終わらないかのうちに、おそるおそる行く私を避けて下りて行ったおばちゃんが見事に

 

ツルっと滑ったかと思うと、そのまっすぐの体勢でつるっつるの階段の表面をそのままドンドンドンッ!!!

 

魚?を思わせる感じで、ピチピチッ!と階段を2~3段滑り下りられていきました。団体客みんなびっくり。「あたたー」とか言いながらけっこう大丈夫なおばちゃん。良かった…だから手すりに摑まれとあれほど…

 

とにかくツルツルの階段でした。怖いわーほんと。山道とかもツルッツルの石の階段あるけど、あれなんでなんだろうか?修行?あれも修行のうち?「これを越えて来い!」ってこと?「越えていけそれを!」ってこと?吉田拓郎??

f:id:izumislife:20160928222239j:plain

お尻はこんな感じに…ちょっと「しかぶった(方言で「漏らした」)」っぽくなった。

 

トイレで置いてけぼり

朝ちょっと降った雨もしばらく止んでいたが、28番大日寺を参拝後、29番国分寺に向かう途中くらいからまた降り始めた。

 

さっきのお寺でトイレに行っとけば良かったんだろうけど、実は私、汚いホテルと汚いトイレが大の苦手なんです。

 

ということで基本的にお寺のトイレはパス。できればコンビニ、スーパー等のきれいなトイレ、山の中では休憩所のトイレでもきれいなところかチェックして、汚ければ(というか古ければ)我慢します。…本当はいけないんだけどね。

 

雨の中トイレに行きたくなった私は、他の3人に「先に行っててください、後で追いつきます!」と言って、大型ドラッグストアに入った。

 

なるべく早くトイレを済ませ、無料でトイレを借りるのも悪いのでリポビタンDを1本買って素早く飲み、3人に追いつこうと先を急ぐ。

 

外は雨がジャンジャン降っている。もう靴下までぐっしょり濡れている。その状態で早足でぐんぐん歩いた。しかし歩けど歩けど3人の姿は見えてこない…まっすぐの道なのに全然見えてこない…

 

 

 

 

 

 

あ、これ(3人も)かなりの早足で行ったな~

 

 

 

 

 

 

 

と思った。ま、そりゃ「先に行っててください」って言ったけどさ…言ったけどさ!

 

でももうちょっとゆっくり行ってくれてもいいんじゃないの??と思った。追いつくために早歩きで歩きながら。原因はたぶん中山さんだ。今日は絶対に31番まで行きたい、いや、行かなければならない!という気持ちが、私とアイトールとK太が話してる時にスタスタと先を歩く中山さんの背中から伝わってきていたからだ。

 

というか、こんなこと言ったらあれだけど、一緒に行ってたのがアイトールとK太だけだったら、まずもって私も「先に行ってて!」なんて言わないし、私が「先に行ってて」と言ったとしても「いや待つよ」と言ってくれていただろう…団塊の世代に強く出られない私がダメなんだけど。

 

次のお寺の国分寺まで距離があまりなかったので、もし私が急がずにゆっくり行ってしまうと、結局3人は国分寺で私の到着を待つことになるだろう。中山さんは早く次の寺へ急ぎたいだろうが結局待つしかない。なぜなら2人でホテルまでタクシーで行こうと約束しているから。

 

結局、私が早足で行くしかないんだ。約束してしまった私が悪いんだ。

 

そう思いながら自分的にMAXのスピードで歩いた。雨の中、軽く腰を落として足を軽く曲げたまま次々に足を出す!ジャッジャッジャッ!!

 

ちょうど3人が国分寺に着いた頃にぴったり追いつきました。K太が「すごい早かったね!俺たちもけっこう早歩きで行ってたのに」と言った…

 

分かってたのならもうちょっと遅く歩いてくれよ…

 

でもここまではちょっと「私って早く歩ける。フフン♪」と悦に入っていたのかもしれない。

f:id:izumislife:20161006232326j:plain

29番国分寺の前で。雨降りの中の歩き遍路はポンチョがサウナスーツでけっこう汗をかくので、意外と喉が渇くんです。そしてトイレが近くなる。むむー。

 

え?そ、そこ痛い??

29番国分寺を終え、30番善楽寺を目指す4人。雨も途中から止み、再びアイトールやK太と話しながら歩く。

f:id:izumislife:20161006234401j:plain

この位置が全てを物語っていると思うの…

 

アイトールとスペイン語でビデオを撮ったりしながら歩いていたが、そのうち何かに気づく私たち…

 

 

腹が…減ったね。

 

 

そう、駅前で奇跡的な再会を果たし、7時半くらいにローソンで買った朝ごはんを高架下で立ったまま食べたきり、その日は何も食べず、お寺で他の人が納経を終えるのを待つ以外は特に座りもせず(そして私はいつも納経が一番遅いので、この日は朝から座って休憩することを一切せず)ずっっっっっっと歩き続けていたのだ(プラス私は早歩き30分)…これ今書いてて初めてこの事に気づいたけど、うん…異常だね。異常だったわ、やっぱこの日は。

 

近くのローソンに寄ろうかどうしようか…と言いつつもそのローソンが遍路道からちょっと外れたところにあるので、結局我慢して何も食べずに進むことにして(完璧に異常。今から考えたら意味が分からん。中山さんの31番に間に合いたい気持ちに皆が合わせたに過ぎない、食欲と休憩を犠牲にして。なぜだ?)

 

いや、何も食べずに、じゃないな。アイトールはパンを2つ持ってたので1つを中山さんにあげて、K太は柿の種を、私はチョコバー1本を歩きながら食べたんだ。それだけでした。朝7時半からこの日の夜7時くらいに晩ごはんを食べるまで、口にしたのはそれだけ。皆よく我慢したなー。

 

そのあたりから足に違和感を感じ始める私。実はこの日雨が降って靴下が濡れたせいで、早々とマメができていたのだ。まぁそれは、お寺に着いたときに絆創膏で保護したから大丈夫だったのだが、早歩きの時にマメができた足を無意識にかばったせいか今まで痛くなったことのない膝の裏のちょっと上あたりが歩くたびにピキーン!と痛い…

 

途中、お遍路さん用の休憩所(ベンチとテーブルが置いてある)を見つけた私は、「すいません…ちょっと休んでいいですか?」と言ってたまらず座り込んだ。これが初めての座っての休憩。アイトールはバスク地方出身(山が多い)で、歩き遍路を始めてからマメが1個もできてないほど歩き慣れているし、K太はお寺で納経しないので私と中山さんが納経してる間けっこう座って休んでいるし(それはアイトールも同じ)、中山さんは私と同じく全然休んでないはずなのになぜこんなに元気なんだろう…私が休憩所で休んでいる間も立ったまま私の出発を待つ中山さん…

 

 

 

 

はよせいよ、31番間に合わなくなるだろうが。

 

 

 

という無言のプレッシャーが半端ないので、もっと休みたかったけど仕方なく立ち上がる。無理だ…やっぱり最初から無理があったんだ。人の予定に全部合わせるなんて。

 

ちなみにこの休憩所で先に休んでいた歩き遍路のおじさんは、今年4月に歩き遍路を始めたものの23番くらいで足を痛めて一度帰って、そこから2ヶ月歩けなかったらしい。ようやく治ったのでまた再開したが、1日20~25kmが限界や~と言っておりました。ちなみにこのおじちゃんとも、後で何回か会うことに。この時は私も膝の裏がピキーンとなっていたので、このおじちゃんみたいに足を痛めて帰らなきゃいけなくなってたらどうしよう…とちょっと不安でした。

 

ついにギブ、中山さん消える。

そこからは軽くびっこを引くように、金剛杖を思いっきり松葉杖なみに使って歩き(金剛杖は弘法大師様の代わりなので、本当は頭の部分を持ってはいけないらしい。だが緊急時と山道ではそんなのお構いなくガシガシ掴みます。しゃーない)30番善楽寺に着く頃にはだいぶ中山さんとアイトールに差をつけられていた。

 

もう途中からずっと「これは30番までがギリギリ、その先の31番は絶対ムリ…でも中山さんとタクシー代を2人で割ろうと約束したし…私が行かなかったら中山さん、今日も明日(タクシーに乗った地点に戻って歩き始めるため)もタクシー代1人で出さなきゃだし…どうしよう」と悩んでいたのだが、とりあえず30番の参拝と納経を済ますことに。

 

めちゃめちゃ足を引っ張りながら、なんとか参拝と納経を済ます。入り口のベンチで待つアイトールとK太。あれ?中山さんは?

「もう31番に向けて行っちゃったよ。泉さんによろしくって。」

ともう旅立たれていた後だったのでございます。は、はやっ!!!

 

結局この日は中山さん、たぶん1回も座って休まれることなく、そしてお昼ごはんもアイトールから貰ったパン1個だけで31番まで行かれたみたいです。中山さんのHP

す、スーパーおじいちゃんッ!!!

 

そして、そんなわけで毎回お寺の前で自撮りをしていたのに、30番善楽寺だけは写真を撮り忘れてしまいました。あまりに疲れていたし、あと着いたときに「この後行かないということをどうやって中山さんに伝えようか…」と悩んでいたから。ショック!!

 

そして夜は元気

アイトールとK太と私の3人は、善楽寺から歩いて5分のバス停から高知駅までのバスに乗り、K太は洗濯へ、アイトールと私はそれぞれのホテルに一旦帰り休憩。そして夜は念願のひろめ市場!!

 

シャワーを浴びて休憩したらけっこう良くなってきた足の痛み。やっぱり休憩をしてなかったせいみたい。でも後に残る痛みじゃなくて本当に良かったです。

 

ひろめ市場、予想よりもずっと大きかった!!そして4人が集まるまでに時間がかかった。(入り口で待ち合わせてたけど、入り口がいくつもあるので分からない!)

 

ようやく集まった4人でやっと乾杯!

f:id:izumislife:20161007011108j:plain

この時1人買い出しに行ってて3人だけどね

f:id:izumislife:20161007011237j:plain

海の幸がマジでうまい!いや、雰囲気で味が5割増してるかも。

 

この居酒屋っぽい雰囲気が久しぶり過ぎてテンション上がりまくりな私。中山さんに「昼は元気になかったくせにw」と揶揄される。すみません…

f:id:izumislife:20161007011515j:plain

これが正面入り口だッ!!…たぶんね

 

まとめ

この日は色々と学んだ日でしたね~。でも距離的に言えばその前の室戸岬に行った時の方が全然歩いてたし(この日は30番までで約24km、31番まで行ってたとしても30km)たぶん雨が降ったのと、あとは私がずっと喋ってたのがいけなかったと思う。

 

喋るのってけっこう体力使うのね!!

 

これから歩き遍路に出られる方のための注意点

  1. 28番から30番までは、道が難しいことはたぶんないと思います。全体的に平坦な道を淡々と行くだけだし、ちょっと迷っても地図を見てすぐ修正できるし。
  2. 30番まで打たれて、そこから高知駅周辺に行きホテルに泊まる方は、30番近くのバス停から高知駅までバスで410円で行けます。次の日も同じ経路のバスで30番まで帰ってきて、そこから歩き始められると便利です!
  3. 私の足が痛くなった原因は、やっぱり休憩をとらなかったことが一番だと思います。休憩は2時間に1回、最低でも3時間に1回はとった方がいいです。

 

以上!明日はいよいよ高知市内を観光です!龍馬に会えるどーーーー!!!!!

 

おやすみなさい☆