四国歩き遍路 女一人旅 in 2016

1978年生まれの38歳、独身。ソウル→バルセロナ在住を経て現在日本に帰国中。2016年9月から念願だったお遍路さんに行ってまいります!うるう年ですが初挑戦なので順打ちで行います。

四国歩き遍路 第28日目(10月07日) 〜史上最高に長い日記(当社比)

アンニョンハセヨ!izumiです!

 

12月に韓国に行くことが決まり、今からウキウキしております。寒いんだろうなぁ~ソウル!その際にはまたアメブロの方にブログを書きたいと思います。それまでにお遍路ブログを書きあげたい。ゲームやってる場合じゃねぇ!!!

 

この日はいよいよ松山の中心へアプローチする日なのですが…

 

初めに言っておきます…めちゃめちゃ長いです!!思い出したこと全て書いておきたくて…そーりー…

 

それでは、行ってみよ!!

 

 

三橋美智也に叩き起こされる

恒例の「今日の行程をGoogleマップで見てみようのコーナー」!今日は超簡単!

f:id:izumislife:20161117155757j:plain

前日泊まった「長珍屋」を出て、46番から51番まで順に寺を打ち、道後温泉近くの「泉(せん)ゲストハウス」に泊まります。ちなみに長珍屋から泉ゲストハウスまでは13km…

 

13kmですよ!!!遍路初日っかっつーの。楽すぎ!!!

 

この距離の短さもあって、前日山を下りる時からルンルンでした。翌日はたった13kmだし、その次の日は1日オフだし。しかもその名前から全く期待してなかったんですが長珍屋にはなんとWi-Fiがあり(素晴らしい♡♡)久しぶりの高速インターネットに時間を忘れてYouTubeを見続けてしまった…(焼きそば一平ちゃんを食べながら。最高じゃないですか?これ)

 

まぁ次の日はたったの13kmだからちょっと遅く起きてもいいしぃ~と、朝8時にアラームをかけて寝たのですが…早朝、突然鳴り響く町内放送!

 

いや、最初は町内放送だと分からなかった。寝ぼけていたので館内放送で誰かがふざけて音楽を大音量でかけているのだと思い、布団にもぐりこんで耳をふさいで寝た…その後も音楽はずっと続き、寝たり起きたりしながらついに6時半…布団から顔を出す。なんだこの音楽…これ…外から?え…ワッショイ??音頭???

 

ちなみにこの日の朝5時からこの日の夕方まで何度も何度も、何度も何度も何度も聞くことになったこの歌はこちら↓


神輿音頭 三橋美智也

 

起きてスマホを見ると、朝5時にネイトから(ちなみにネイトは私の隣の部屋だった)

 

WTF IS THIS SONG OUTSIDE」

(この外の音楽マジで何なんだよ!的な)

 

というメールが入っていた…5時から鳴ってたのか…

 

「今起きた…分かんないけど、たぶん祭りの日だから?うるさいよね…」と返すと、ネイトから「It was on at 4:30am. I hate it lol(4時半から鳴ってたよ。最悪w)」と来た。4時半!??…一体何のために…

 

カーテンを開けると、46番浄瑠璃寺のすぐ横に大きなスピーカーがあり、そこから大音量で「わっしょい!わっしょい!」の音楽が流れている。私たちのホテルもかなり近いけど、浄瑠璃寺のすぐ目の前にある家(何軒かあった)の人たちなんて耐えられない音量だろう…何なんだこれは。嫌がらせ?

 

起きてしまったので出かける準備をしてチェックアウトする。フロントのおばさんに(大音量で音楽が鳴る中、大声で)「この音楽って何のために鳴らしてるんですかー?」と聞くと

 

「まぁ、お祭りだー!って知らせるためですかねぇ…あと、地区ごとに音量を争ってるようなところもありますから。これでも昔よりは音が小さくなったんですよ。ははは」と怖いことをおっしゃっていた。…松山、恐るべし。

 

宿から歩いて1分、46番浄瑠璃寺に到着!

f:id:izumislife:20161117164218j:plain

アサイチで顔ちょっと腫れてます…

 

ちなみにこれが浄瑠璃寺の山門前で撮ったビデオ。音量注意です↓


「持ってーこーい♪持ってーこい♪」の音楽が鳴り響くお寺の中で般若心経を読むシュールレアリズム。最初は「うるさい…」と思っていましたが、この後も歩きながらずっと聞いてて知らないうちに一緒に歌っている自分がいました。「45度で持ってーこい!ガーンとぶつかりゃ火が出るぞ!その火で一服やってくれー」ってとこが好き♥

 

f:id:izumislife:20161117165348j:plain

46番浄瑠璃寺の境内。三橋美智也のせいで、あんまり何があったか覚えてない…

 

すぐ後にネイトが来て、ネイトも「今日はもっとゆっくり寝ていようと思ってたのに、これじゃ寝れないよ!」と言っていた。そして納経を済ませると早々と次のお寺へ歩いて行った。ネイトもやっぱり別々に歩きたいんだなぁ、と思った。

 

美しい日本!

46番から47番の八坂寺まではたった10分!もう大好き~この日の行程…(*´ω`*)

f:id:izumislife:20161117170715j:plain

今まで全然道標がなくて「どっちよ!もう!」となった経験から言うと、いいのよ、嬉しいのよ。…でも、1個でいいかな…でも嬉しいよ。うん。ありがと。

 

f:id:izumislife:20161117170938j:plain

八坂寺に向かう途中にある小さなお城。たぶん(絶対)遍路とは関係ないけど、写真撮っちゃうよね~これは。

 

10分後、47番八坂寺に到着!早い!

f:id:izumislife:20161117171228j:plain

八坂寺の山門は天井がきれいなんですよ~

 

f:id:izumislife:20161117171807j:plain

極楽浄土!けっこう新しそう…カラフルだし。

 

f:id:izumislife:20161117172030j:plain

八坂寺の猫。お腹すいてたみたいでしたよ。きゃわいー♡

 

f:id:izumislife:20161117172117j:plain

八坂寺の境内。たぶん左が本堂で、右が大師堂。この本堂の地下に行くと…

 

f:id:izumislife:20161117172256j:plain

仏像がたくさん安置されている空間…蛍光灯なのが更に怖いよーヒー(*_*)

 

八坂寺の納経を終えて、次、48番西林寺までは約4.5km、1時間弱の道のりだ(近い近い)レッツラゴー!

 

相変わらず聞こえてくる美智也の「わっしょいわっしょい」を一緒に歌いながら歩いて行くと…

 

f:id:izumislife:20161117172628j:plain

ん?あの旗は昨日見た旗だ…

 

f:id:izumislife:20161117172709j:plain

しかも昨日よりたくさん!う、美しい…

 

この旗は祭りのために神社に奉納する旗だとこの時に知った。それにしてもなんと美しいのだろう…上につけられた植物(種類が分からないけど)、筆文字が書かれた旗、風に揺れるたびに聞こえる竹のしなる音…それら全てが秋の空と調和して、何とも言えない神々しさがあった。

 

f:id:izumislife:20161117173258j:plain

普段はあまり信心深いほうじゃないけど、この時は自然と「これだけされたら神様も喜ぶよなぁ」と思った。熱いゼ松山!!

 

あと、これは松山だけなのかどうか分からないんだけど、私の地元(佐賀県です)では1回も見たことなかったものがこれ↓

f:id:izumislife:20161117174346j:plain

これ。これ何て言うのかな?瓦?人形?家の外の塀の角にあるんです…これはたぶん七福神の中の1人かなぁ?

 

f:id:izumislife:20161117174644j:plain

同じ家の反対側の角。なかなか愛嬌があって可愛い。たぶん縁起物的な感じで取り付けてあるんだろうけど。

 

f:id:izumislife:20161117174732j:plain

別の家にはこんなかっこいい鷲も!めちゃかっこえぇ~…これはアメリカ人好きそう。

 

そうでなくても、松山ってけっこう古い家が多いというか、ただ古いっていうんじゃなくて「古くてかっこいい家」?つまり…昔の金持ちの家?みたいな?お代官様的な。

f:id:izumislife:20161117174945j:plain

昔のスタイルの家が廃れることなくきちんと手入れされて存続している様子を見るのは本当に気持ちいいしカッコイイし憧れる。古民家バンザイ。古民家よ永遠なれ。

 

f:id:izumislife:20161117175416j:plain

ちなみに上の家の塀角には、なんと「波」!波いい!波かっこいい!この家の昔の人の職業と何か関係があったのだろうか。面白いなー。

 

遍路病に気をつけろ

48番への道の途中、大きな弘法大師像が立つ別格霊場を発見したので入ってみる。

f:id:izumislife:20161117175837j:plain

なんかこの弘法大師像…ポチャってるな…

 

大師像の隣には、なんか知らんけどおっちゃんとおばちゃんの像…

f:id:izumislife:20161117175956j:plain

と思ったら、あの衛門三郎(えもんざぶろう)とその奥さんの像だった!何かゆかりのある寺らしい…

 

衛門三郎とはこういう人です。一般的に、四国遍路を始めた人として知られています。弘法大師を追いかけて四国を20周したのに会えず「あ、逆に回れば会えんじゃね?」と(20回目にしてようやく)気づき、21回目は逆に回ったものの3番焼山寺の近くで「もうダメ…」と倒れ、死ぬ寸前に弘法大師が現れやっと会えたという。そして、その年が丙申(ひのえさる)だったので、丙申年に逆打ちするとご利益が3倍?4倍?5倍?…とにかくご利益倍増らしいです。

 

ちなみに、お寺にお参りすることをお遍路では「打つ」と言いますが、これは衛門三郎が、自分が弘法大師を探していることを伝えるため、名前を書いた札を各寺に打ち付けたことが発祥らしいです。20回も回って札を打ち付けてるのに気づいてもらえないって…それってさ…無視されry

 

なので昔はお遍路さんも札をお寺に打ち付けてたらしい。昔の人って本当におおらかですねぇ~。それがだんだん紙を貼り付けるようになり(今でもお寺に行くと昔の名前札がいっぱい残ってる)今ではもちろん完全に禁止されました。その代わり、お賽銭箱の隣に「納め札入れ」があるのでそこに入れます。

 

ま、それはいいとしてこの別格霊場文殊院」、今ネットで見たら昔、衛門三郎の家があったとこだったらしい。ふんふん、ここで修行中の弘法大師を追い返したのかぁ…

 

でもこの時は残念ながら「なんか衛門三郎にゆかりのある寺っぽいなぁ」と思いながらも、軽く見学だけして48番への道を急いでしまいました。別格霊場もちゃんと下調べしとけば良かったなぁ~。

 

10時過ぎ、48番西林寺へ到着~!

f:id:izumislife:20161117181927j:plain

余裕の笑み!お天気もよく、最高のお遍路日和でした!

 

f:id:izumislife:20161118030919j:plain

西林寺これといって特色のないこじんまりとしたきれいなお寺でした!

 

f:id:izumislife:20161118031428j:plain

頭をゾンビに喰われた的小坊主が納経所を案内。

 

ここから次の49番浄土寺までもたった3km!楽勝過ぎてウキウキ。

f:id:izumislife:20161118032206j:plain

途中見つけたいい感じの喫茶店。正面玄関上の看板がかなり痛んでるけど、もうどうせ常連しか来ないから関係ないんだろうね。

 

f:id:izumislife:20161118032333j:plain

かなり初期のマッサージチェア。作りがシンプル過ぎる!これと比べると今のマッサージチェアはすごい進化したよね。

 

f:id:izumislife:20161118032614j:plain

49番浄土寺に到着~。ここも、ま、いまいち特徴がないっつーか…お、覚えてないっ…

 

f:id:izumislife:20161118032727j:plain

浄土寺の境内。この写真見てもさっぱり思い出せん…でも、きれいな境内ですよね…うん。

 

49番から50番の繁多寺までは更に近くてたった2km!いいんすか?マジで…

 

しかも道の途中になんと私の大好きなコメダ珈琲が!!!こういうチェーン店があるところがもうすごい都会(←おかしい)来た!松山来た!!

f:id:izumislife:20161118033128j:plain

うわあぁぁぁ♡♡♡ アイスカフェラテにモンブランとかいつぶり!(遍路始めてぶりです)

 

しかもコメダで珈琲を頼むと付いてくる豆菓子の袋がいつの間にかハロウィン仕様に…そうか、世間はハロウィンか…と、世間から取り残されていることを実感した。

 

f:id:izumislife:20161118033409j:plain

コメダで霊気を養った後、再び繁多寺を目指す。こんなお墓の中を通ります。

 

f:id:izumislife:20161118033555j:plain

あっという間に50番繁多寺(はんたじ)へ到着。まだまだ余裕!そりゃそうか。

 

f:id:izumislife:20161118033728j:plain

繁多寺もあんまり記憶に残ってないんだけど、すごく広いお寺だったことは覚えてます。あと、納経所のお坊さんがニコニコと優しく話しかけてくれて、そんなこと納経所では初めてだったのと、けっこうイケメンの若いお坊さんだったのめちゃめちゃ癒されました(*´ω`*)エヘ

 

繁多寺を出たところで、原付カブの荷台に載せられたワンちゃん達を発見!

f:id:izumislife:20161118034337j:plain

きゃわわわ!!

 

f:id:izumislife:20161118034500j:plain

30代くらいの男性で、1人+3匹で野宿をしながらバイク遍路しているとのこと。犬たちは普段からバイクの後ろに乗り慣れているそうです。

 

f:id:izumislife:20161118034702j:plain

ホワイトボードに「〇番〇〇寺」と書いてバイクにかけて写真を撮るだけだそう(納経はしない)。なぜならこの男性は以前すでに歩き遍路をされた方だったんです。つまり先輩!

 

このバイクの男性に「遍路を終えるとまたやりたくなるんだよ~、遍路病って言ってね。あなたもまた戻ってくるよ」と言われた。「いやいや!もう懲り懲りです。2度は本当に無理です…普段山登りとかしないし」と言うと「自分ももう歩きではやりたくないと思って、だけど車で回るのも面白くないからバイクにしたんだ。バイクはいいよ~、一度歩いたところを『ここ歩いたなぁ』と思いながら走るのは最高だよ!」と言う。

 

確かに、バイク遍路もいいかもなぁ。カブは昔乗っててすごく好きだったし、別格霊場で行きそびれたところもあるし、遍路で一度歩いたところをもう一度なぞっていくのも面白そう…ってもう戻ってくること考えてるじゃんっ!!!

 

それが「遍路病」です。皆さんも気をつけましょう。そのうち茂兵衛さんみたいになりますから(茂兵衛さんに関してはまたいつか説明しますね)。

f:id:izumislife:20161118035652j:plain

話してる間に寝ちゃったワンちゃん…夜はテントの中でみんなで寝るそうな。それいいなぁー!!!

 

クレイジーテンプル、石手寺

繁多寺から本日最後の寺、51番の石手寺(いしでじ)までもたった3km。でも途中で郵便局に寄ったので少し多めに歩いた。前日、45番岩屋寺のお土産屋さんで買ったお土産と、あと念のため持ってきたけど結局使わなかったし、これからも使いそうにないユニクロのライトダウンジャケットを家に送り返した。

 

松山市中心近くになってくると、だいぶ三橋美智也の「わっしょい!」も小さくなってくる。でも町には家の前にこんな提灯が飾ってあったり…

f:id:izumislife:20161118040547j:plain

うーん、やっぱり読めん!「味神煙」に見える…み、みしんえん??

 

f:id:izumislife:20161118040820j:plain

こうやって狭い通りの入り口に掛けてあったりもする。市民の祭り参加率がすごいです。

 

あと、この日は実はあちこちですでにお祭りの神輿担ぎが行われていて、一番大きいのは道後温泉駅前の広場で午前中かお昼くらいに行われてたらしいんですが、それ以外のそれぞれの地区のお神輿を通りすがりに見かけたりしていました。

 

51番に向かう途中で見たのがこれ↓


子供たちが元気いっぱいで可愛かったです。でも金曜日で平日だったんだけど、みんな(大人も)この日はお休みなんですかねー?

 

そして、ちょっと顔が不気味なお地蔵さんの前を通ると、もうそこは…

f:id:izumislife:20161118143410j:plain

左の石になんて書いてあるのか全然読めん…万一人追?まんいちにんつい??え?

 

四国八十八箇所の中で最もクレイジーな寺、51番石手寺!!!

f:id:izumislife:20161118143821j:plain

 

石手寺に着いた途端「うわぁぁー!!ここだ、ここだぁぁーー!!!」と叫んでしまいました。なぜなら…

 

2年前に両親と広島&道後を巡るバスツアーで訪れていたから!!!

その時の動画がこれ↓ (英語です。5:43辺りから石手寺)


今回お遍路を始めてから「そう言えば前にバスツアーでお遍路のお寺に1箇所行ったよな…あれはどこだったんだろう」と思っていたんです(道後温泉の近くだったことを忘れていた)石手寺に着いた途端その時の記憶がぶわぁっとよみがえって「あの時は変な呪文(おんあぼきゃべいろしゃのう…等)を無心で読む白衣を着たお遍路さんたちが不気味で仕方なかったなぁ…まさか2年後、自分がその不気味な呪文を読む存在になるとは…」と思いました。人生は分からんもんですばい。

 

f:id:izumislife:20161118145234j:plain

インド的なものがたくさんあるのが石手寺の特徴。他のお寺とは明らかに何かが違います。

 

f:id:izumislife:20161118145510j:plain

(たぶん)修行中の弘法大師像。これもなんか他の寺とは違うよね。筋骨隆々っていうか、より人間っぽい。

 

f:id:izumislife:20161118145744j:plain

石手寺は先ほど出てきた衛門三郎と縁の深い寺なんです。これは衛門三郎の「許してちょんまげ」像(勝手に名付けた)

 

f:id:izumislife:20161118145927j:plain

由来はこれね↑ 各自読むこと!

 

石手寺は中もやたら広くて、しかもなんかあちこちに色んな展示物?アトラクション?がある、ヴィレッジヴァンガードのお寺版みたいなところなんです。

f:id:izumislife:20161118150323j:plain

こんなカラフルな(たぶん)不動明王の絵があったり(これめっちゃ好き)

 

f:id:izumislife:20161118150439j:plain

光明真言梵字で書かれてある石碑があって、手を合わせることができたり…

 

f:id:izumislife:20161118150614j:plain

四国八十八箇所の砂が並べられてあって、その砂を触っていくだけでプチお遍路ができたり(これは他のお寺にもあったりするけど)

 

あと奥に不気味な宝物殿があったり、インド風のレリーフ石像があったり、やたらデカいパネルに説明や主張がたくさん書いてあったり、丸くてピカピカのでかい石が変なお面と一緒に置いてあったり、かと思えば笠をかぶったタヌキ像があったり(たぶん関係ない)、納経所には「電話で悩み相談受け付けます」の貼り紙があって実際おばちゃんが電話で「悩み相談でいいの?うん、いつがいいの?」と対応をしていたりと

 

とにかくカオスです。

(ネットで「石手寺バイ」で検索してみて下さい。いっぱい写真あります。)

 

その中でもダントツにヤバイのがこちら↓

f:id:izumislife:20161118151823j:plain

通称「マントラ洞窟」!!!

 

この洞窟に関してもすでにたくさんの人がブログ等で解説しているので説明は省略します(ブログ長すぎ…)でも中で動画を撮ったので、その動画からキャプチャした写真を何枚か載せますね。ちなみにワタクシ、暗所恐怖症の閉所恐怖症なので、ひっじょーーーに怖かったです(その辺にいたおじさんと一緒に入ってもらった)。

f:id:izumislife:20161118153825j:plain

まず洞窟入ってすぐこんな像がある、すでに恐怖MAX。帰りたい…

 

f:id:izumislife:20161118153950j:plain

洞窟の中はこんな感じ。奥に見える白い点が出口。私はヘッドライト持ってたからいいけど、スマホのフラッシュライトなんかじゃ全然見えない。真っ暗。

 

f:id:izumislife:20161118154214j:plain

途中ちょっと広い場所に出る。もう仏教とはなんの関係もない(たぶん)単に怖い像がたくさん置かれてある。無料のお化け屋敷だ。

 

f:id:izumislife:20161118154339j:plain

さらに行くともうひとつ広場が。こちらは一応仏像が置いてある。よかった…いやよくない、怖い。

 

f:id:izumislife:20161118154418j:plain

洞窟の出口に出る。本当はこの出た先に奥の院(マントラ塔)があったんだけど、それを知らずおじさんと「何もなさそうだね、戻ろう!」と言って戻ってしまった…これはきっともう一度来いということなのだろう!絶対もっかいリベンジします!

 

f:id:izumislife:20161118154615j:plain

 洞窟の入り口まで戻り、今度は横に進む。四国八十八箇所の仏像があるらしい。一つ一つに納め札とお賽銭が入れてある。

 

f:id:izumislife:20161118154807j:plain

途中こんな大きなお地蔵様も。ビビるわぁ…

 

f:id:izumislife:20161118154846j:plain

洞窟の終わりに来ると、物置のようにいらない木像が無造作に置かれている。本当に怖い。本当に怖い。

 

f:id:izumislife:20161118155031j:plain

なんかよく分からない流木的なものも一緒に置かれてある。埃被りすぎだろ…

 

f:id:izumislife:20161118155117j:plain

一番奥の金網の中には仏像がたくさん…って倒れとるやないかーい!(久しぶりの髭男爵

 

お付き合いいただきありがとうございました。皆さんもぜひ行ってみてください。クレイジー石手寺、熱いッス!!オススメです!!

 

アメリカン宿で会ったスペイン人とアメリカ人とコリアンBBQ

石手寺で納経を済ませ、門前の有名な「やきもち」をいただく。

f:id:izumislife:20161118155639j:plain

左端にいるのが女将さん、めっちゃ優しいおばちゃんです!また食べたいよ~

 

f:id:izumislife:20161118155742j:plain

これが「やきもち」よもぎ味が最高!焼きたてを頂くのがベストです。

 

石手寺から今夜の宿「泉(せん)ゲストハウス」までは約2km(25分ほど)、途中すごく立派な神社の前を通ったり

f:id:izumislife:20161118160346j:plain

伊佐爾波(いさにわ)神社。名前だけ見てもすごく古そう、歴史がありそう。

 

f:id:izumislife:20161118160028j:plain

夕方、大きな神輿を抱えた男衆がこの階段を上ったらしいです(宿に泊まった人に聞いた)一歩間違えれば大事故が起こりそうなのに、今まで事故は起きてないらしい。参拝して行きたかったけど、この階段を見て若干心折れた…後で来よう!と思って結局来れませんでした。これもリベンジしたい場所のひとつに追加!

 

素敵な道後のレトロ建物に癒されたりしながら

f:id:izumislife:20161118160443j:plain

ヴィラ道後。ネーミングが素晴らしい!その隣のレストラン「SALON DE ひろ」もいい。

 

f:id:izumislife:20161118160738j:plain

観光旅館「ホテル中川」、道後が昔からの観光地だったことが分かる。

 

有名な道後温泉(もう3回目なので写真は撮らなかった…)の前を通って商店街を抜け、ちょっとエッチなお店が建ち並ぶ通りから裏通りに入り「泉(せん)ゲストハウス」に到着!

f:id:izumislife:20161118161022j:plain

泉(せん)ゲストハウスのフロント。オーナーはアメリカ人男性と日本人女性のご夫婦。主に旦那さんが接客されてるみたい、日本語ペラペラです。でも客は見た感じ7~8割が外国人。

 

f:id:izumislife:20161118161158j:plain

インテリアもオシャレだし、お部屋やトイレの掃除も行き届いててすごく居心地のいいゲストハウス。夜は1階がバーになって外国人と交流もできるし、海外に興味ある若者とかに超オススメな宿です!

 

部屋は男女混合のドミトリールームで(そこしか空いてなかった)私が入った時はまだ誰もいなかった。しばらくするとパソコンを持った外国人の男性が1人入ってきたので、部屋でWi-Fiがうまく繋がらなかった私は彼に「部屋でWi-Fiつながる?」と声をかけた。

 

そこから会話が始まって、聞くとなんとスペイン人(というかまたまたバスク人)だった!でも彼の英語力が私のスペイン語よりはるかに上だったので、会話は英語で。名前はこれまた超バスコ!なIñaki(イニャーキ)。IT関係の仕事をしており、本社はベルギーなのだがネット環境さえあればどこからでも働けるため、ここ5年家を持たずずっと旅をしながら働いているという。外国人には「イニャーキ」の名前が難しいので、ピニャコラーダの「ピニャ」で通っているということで「ピニャ」と呼ぶことに。

 

その日の夜はネイトとマジッドと3人で焼き肉食べ放題に行こう!と話していたので、6時頃マジッドが泊まっているはずの松山駅近くのホテルに電話するも、マジッドはすでに外出したという。帰りを待つわけにも行かないので、ネイトに「宿で友達になった子も連れてっていい?」と了承を得て、ネイト、ピニャ、私の3人で松山駅から徒歩20分の焼肉きんぐへ!!

 

写真を撮るのを全く忘れていたくらい飲んで食べて飲んで食べたのだが、私はあまり食べられないのですぐ満腹に。ネイトとピニャは、同じIT関係ということで色々と会話が盛り上がっていたが、2人ともけっこうデカいのでまぁ食べる食べる!食べ放題100分間なのだが、ラストオーダーの時に2人して「最初から食べたものをもう一度全部注文しても食べれる」と言うので最後にものすごい数注文し、しかもちゃんと全部食べて帰りました。外国人の胃袋すごい…

 

まとめ

終わった…途中、2つに分けた方がいいかな?と思ったけど、ええいしゃらくさい!と突っ走ってしまった…ついてきてますかー?

 

明日は松山で1日オフなので、逆にけっこう短いブログになると思います!とか言ってまた書きすぎたりして~、へへへへ…

 

これから歩き遍路に出られる方のための注意点

  1. 47番八坂寺から、48番西林寺の間にある別格霊場文殊院」は、遍路開祖と言われる衛門三郎の家の跡に建てられたというお寺で、見るところがけっこうあるらしいです(知らずに通り過ぎた人←)皆さまはぜひ、お見逃しなきよう!
  2. 46番から51番まではずっと市街地なので、道が逆にけっこう分かりづらいかも。Googleマップ使える人は使った方が絶対分かりやすいと思います。
  3. 51番石手寺はゆっくりと見学の時間を取った方がいいです。見るところがたくさんあります。特に、マントラ洞窟(左奥の方にあります)を進んで出たところにある奥の院(マントラ塔)は不気味すぎて見る価値あり…と言ってる人が多いらしい…たぶん。洞窟内は真っ暗なので(電気がついてる時もあるとか?)ヘッドライトあると捗ります。
  4. 松山市内には宿泊するとこはたーーーくさんあると思うのですが、私が泊まったのは「泉(せん)ゲストハウス」建物は少し古いですが、掃除が行き届いてるので居心地いいです。宿泊客は7~8割外国人で、夜は1階がバーになるので、海外に興味があったり、外国人との交流が好きな人にはオススメの宿です。

 

以上!お疲れさまでした!!目をゆっくり休めてくださいね…

 

ではではー☆