読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四国歩き遍路 女一人旅 in 2016

1978年生まれの38歳、独身。ソウル→バルセロナ在住を経て現在日本に帰国中。2016年9月から念願だったお遍路さんに行ってまいります!うるう年ですが初挑戦なので順打ちで行います。

四国歩き遍路 第31日目(10月11日) 〜ボイス・オブ・ブッダの巻

歩き遍路日記~伊予編

御機嫌よう、イズミでございます。

 

お遍路を始めてすぐの頃や、高知の海岸線を延々歩いていた時は「これ本当に終わる日が来るんだろうか」と思ったものですが、あと10日となったこの頃から「本当にもうすぐ終わるんだなぁ」という実感が湧いてきたように思います!

 

地図の見方や計画の立て方、また宿の取り方もだいぶ慣れてきた頃だったのですが…この後、宿の予約でちょっと苦労することに。でもそれはまた後の話!

 

この日はとっても面白い出会いがありました。お遍路の醍醐味は人との出会い!

 

ということで、31日目のお遍路を見ていきましょう~!

 

 

薬師つぼ押しな59番

では今日もいつものようにGoogleマップで行程をご紹介!

f:id:izumislife:20161128020553j:plain

今治市の「ホテルバリイン」を出発後、まずは59番国分寺へ(3km)。その後国道196号線をずっと南下し、61番香園寺(18㎞)、62番宝寿寺(1.5㎞)、63番吉祥寺(1.5㎞)、64番前神寺(3km)まで打ち、遍路ルートから少し離れた伊予西条駅前のホテルオレール西条に泊まります(4.2㎞)。全長31.2km、ちょうどいい感じ!

 

60番の横峰寺は山登りなので、翌日に回すことにしました。ネイトから「あとに残った大変な山登りは、60番と66番だけ」と聞いていたので「60番はかなり大変な山登りなんだな…」と数日前からドキドキ。運よくネイトが私より1日先に進んでおり、この日ネイトは60番に登る予定だったので、夜メールでどうだったか聞こうと思っていました。

 

前の晩泊った「ホテルバリイン」があまりに居心地がよく…ネットニュースとかYouTubeを見続けているうちに夜更かししてしまい…この日は朝8時に起きてしまった!お遍路としては大寝坊!アウチ!

 

朝からいい感じの廃墟・レトロ写真を撮りながら、59番への道を急ぎます。

f:id:izumislife:20161128022535j:plain

へちまの花ってこんな風に下を向いてるんだって、今回のお遍路に出て初めて知りました。面白いねー。

 

f:id:izumislife:20161128022634j:plain

青野理容院…なんと営業中です。ちゃんとGoogleマップにもお店として載ってます…私の中の常識を覆してくる四国。好きです。

 

f:id:izumislife:20161128022828j:plain

こっちはちゃんと(?)廃墟だと思うけど…それが分からないのが四国!この日は素敵な廃墟写真がたくさん撮れました。興味がない人…先に謝っときます!さーせん!

 

出発して30分ほどで、59番国分寺に到着!

f:id:izumislife:20161128023330j:plain

空も表情もなんだかどよーんとしてますが…やっぱり夜は早く寝ないとダメだね。

 

この59番国分寺はご本尊が薬師如来様らしく、境内にこんなものがあったり

f:id:izumislife:20161128023711j:plain

左の「握手修行大師」は握手をしながらお願いをすると願い事が叶うというもの。手のところだけすごい手垢がついてます。

 

f:id:izumislife:20161128023901j:plain

手水舎にも「薬師のつぼ」が。よっぽどイチオシらしい!

 

f:id:izumislife:20161128035024j:plain

納経所のマットが59番仕様!おもしろーい!オシャレだし分かりやすいね。ナイス!

 

国分寺をサクッと打って、18㎞先の61番へ向かいます!その道のりにも色々と廃墟が…

f:id:izumislife:20161128035354j:plain

「印刷」の字が書かれた廃墟。誰でも家で印刷できる時代が来るなんて思いもしなかっただろうな…科学の進化ってすごいよね。

 

f:id:izumislife:20161128035610j:plain

昔は病院だった廃墟。見た目的に病院に見えないけど。廃墟写真の中でも病院廃墟は格別に不気味で面白い。興味がある人は「廃墟 病院」でググってみて下さい。

 

f:id:izumislife:20161128134850j:plain

こんな手作り感あふれる看板見たことない…「タオル美術館」。行ってみたい気もしないでもなくもない。

 

仏様のお許しを頂く

しばらく行くと「道の駅ゆのうら」が見えてきた。トイレ休憩も兼ねてちょっと寄っていく。

f:id:izumislife:20161128135606j:plain

歩き遍路の命を繋いでいるのはローソンと道の駅な気がする。ファミマとサークルKも。四国にはセブンが意外に少ない。しかし「道の駅」ってナイスなネーミングだよなぁ。

 

トイレを出たところで「トーストモーニング(唐揚げ付き)500円」のチラシを見て、ちょっと早いけどお昼ごはん代わりに食べていくか!と思い中に入った。

f:id:izumislife:20161128140021j:plain

「唐揚げ」が売りらしい。11時だったけどまだモーニングやってました!

 

f:id:izumislife:20161128140346j:plain

トーストモーニング500円!唐揚げがジューシーで美味しかったです。コーヒー付で満足~♪

 

満腹になったところで先を急ごうと外に出る。すると、外の休憩所に和服姿のお遍路さんがいるのに気づいた。お坊さんのお遍路さんだ!これは珍しいな~と思いながら、迷わずそのお坊さんのところに「こんにちわ~!」と歩いて行った。

 

紺色の和服(僧衣?)に黒の菅笠、今まで見た中で誰よりも大きなリュックに、腰からはフワッフワのファーを垂らしている。「順打ちされてるんですか?」と定型通り会話を始めた。

 

お坊さんの名前は佐藤さん、基本は野宿でお遍路をされているらしい。今はお遍路5周目とのこと…ごごご5周目!!

 

今年の初めから始められて、12年間続けられるそうだ…じじじじじ12年間!!!!!

 

なんで?どうして12年間も…??と聞いたところ、佐藤さんはカラカラと笑いながら

 

「仏様に呼ばれっちゃったんだよー。呼ばれちゃったら仕方がない、修行と思って行くしかないんだよ」

 

とおっしゃった。佐藤さんはなんと仏の声が聞こえるらしい…

 

 

 

分かる、分かるよ。ここで大半の読者は「いやいやいやいや!!」と思っていることでしょう。私も普段はけっこうシニカルな方だし、あんまりそういう話「神の声が~」系はすぐには信じない方なんですよ。(でも江原さんは『天国からの手紙』を見て以来けっこう信じている。一般の人にあそこまでの演技はできないですよ)

 

でも実際目の前で「声が聞こえる」と言っている人に対して「ウソでしょ!」と言う勇気もないので「へ~!そうなんですね~!」と疑わないふりをする私…悪いです。

 

佐藤さんは気功ができるらしく、私にも「してあげようか?」と言うので、前から興味があったが一度も機会がなかった私は「うわ!ぜひお願いします!」と即答した。

 

「じゃあ、ここに頭をつけてうつ伏せになって」と、佐藤さんはお尻につけていた毛皮を休憩所の台の上に敷いた。お、お尻につけてた毛皮に顔をつけるのかぁ…と一瞬戸惑ったが、実際手と顔を近づけてみると、思ったより匂いもないしフワッフワで清潔な感じ。洗ったばっかり?毛皮って洗えるのかな…

 

うつ伏せになると佐藤さんが(たぶん)両手を私の体の上で動かしながら(浮かせてですよ…文字にするとなんかエロいな…)「うーん、どこも悪いところはないみたいだねぇ…足は少し疲れてるみたいだけど。…ん?頭…頭だなぁ」と言うのでドキッ!としたが

 

「どうもあなたは考えすぎる傾向にある。考えても仕方のないことをずーっとグチグチグチグチ考えて、結局何にもなってない。」と…若干誰にでも当てはまるような気がしないでもないが、確かに友達から「すごい色々考えるよね~」と言われることは多い気がする…

 

「今後考えすぎることのないように気功しておくねー」と言われ頭に手を当てられるも、期待していたような「熱いものを感じる!」的感覚は全くなく、自分のシックスセンスのなさを再確認!!(もしくは佐藤さんの気功が偽物か…それか両方)

 

しばらくすると「ハイ!もういいよ。これからはもう、そんなに考え込むことはなくなるはず」と言われ、「わーありがとうございますー」と一応1000円の喜捨をした。

 

その後も、休憩所に座りいろんな話をする。佐藤さんは以前は板前さんをしていて食べることにはちょっとこだわりがあるため、調味料や調理器具がどうしても多くなってしまいリュックが25kgあること(!)。他にも仏に呼ばれて四国遍路を13年している人がいること。四国遍路をしているうちにそういう力をつける人もいるが(四国自体が霊力の強い場所であるため)仏に呼ばれていないのに力を他人に使うようなことをすると、寿命を縮めてしまい、最悪死んでしまうこと。などなど。

 

本当かどうか分からないが、ファンタジーとして聞く分にはとても面白い。本当にそういう世界があれば面白いなぁとは思うけど、まだまだ信じる気にはなれなかった。藤子不二雄の「パラレルワールド」のような気分で聞く。同じ世界に生きてても、人によって見ている景色、感じる世界は全く違ったりするのだ。

 

仏の声が聞こえるということなので、今まで疑問に思っていたことを聞いてみる。例えば「十善戒」の一番最初に「不殺生」とあるが、大半の遍路は絶対に肉魚を食べたり、虫を殺したりしているはず。それはいいのか?

 

佐藤さん(仏?)の答えは、動物(人間も含む)にとって一番功徳を積めるのは、自らを犠牲にして他の生命を助けること。つまり動物は人間の(または他の動物の)食べ物になることで功徳を積んでいるのである(→つまり食べてOKっつーことだと理解。ま、功徳を無理やり積ませられている、と言った方が正しいが…)。また全ての生物にはその生物の分(ぶ)というものがある。人間の住む空間に入ってくる虫はその分を越えて入ってきているので(分をわきまえてない)最悪殺されても仕方ない(本当は捕まえて外に出すのがいいのだろうが)とのことです。

 

分かったような分からないような気になりながら、もう一つ質問してみた。願掛けのために四国遍路を始めたわけではないが、納め札にも願い事を書く欄があるし、お寺を参詣するたびに一応心の中で願い事を唱えていたのだが、半分を越えたくらいからそれがなんだかものすごく言いづらくなった。

 

例えば「商売繁盛」をお願いするとする。それが1年に数回ならいいのだが、毎日毎日、繰り返し繰り返し「商売繁盛!」と願い事をしているとなんとなく自分がものすごく強欲な気がしてくるのだ。それで40番を過ぎたくらいから「無事にお遍路を終えることができますように…あと…ま、できれば、商売繁盛で…よろッス!」みたいな微妙な感じで参拝しておりモヤモヤしていた。

 

そこで佐藤さんに「個人的なお願いばっかしてていいんですかね?」と聞いてみると、佐藤さんは「仏の世界って意識の世界だから、1回思えばもう伝わってるんだよ。だからそんなに何回も何回も同じこと言わなくていい。自分がそれで強欲に感じるのなら、次にお寺に行ったら『自分だけじゃなく、家族の商売も繁盛しますように』『友達の商売も繁盛しますように』『知り合いの商売』『日本全部の商売』『世界中の商売が繁盛しますように』とどんどん広げていけばいいんだよ」と言われて、あぁそうだ、それだ。それがいい。とストンと納得できた。

 

と佐藤さんが「今、仏様から言われたんだけど、次にお寺でお経を読む時は最初の『開経偈』と『懺悔文』、それに本堂ではご本尊の真言、大師堂では『南無大師遍照金剛』をいいと思うまで繰り返し唱えるだけでいいそうだよ」と言ってきた。

 

開経偈とは

無上甚深微妙法(むじょうじんじんみみょうほう)
百千万劫難遭遇(ひゃくせんまんごうなんそうぐう)
我今見聞得受持(がこんけんもんとくじゅじ)
願解如来真実義(がんげにょらいしんじつぎ)

 

懺悔文とは

我昔所造諸悪業(がしゃくしょぞうしょあくごう)
皆由無始貪瞋癡(かいゆうむしとんじんち)
従身語意之所生(じゅうしんごいししょしょう)
一切我今皆懺悔(いっさいがこんかいさんげ)

 

この2つのお経に加えて、ご本尊の真言(例えば薬師如来なら「おんころころせんだりまとうぎそわか」など)を心ゆくまで唱えるだけでいいと。真言でなくても「薬師如来様、薬師如来様」と唱えてもいいらしい。なんと!超簡単!!

 

「マジすかー!!やった、めっちゃ時間が省略できる!ありがとうございます!!」と言うと「これはあなただからこれで良いということで、皆がこれでいいということではないからね」と念を押された。他の人にも「省略していいらしいよ」って言うなよってことか。というわけで皆さんはちゃんと読むように!笑

 

走りながら廃墟写真

話しているうちに12時半を過ぎてしまった。ここから次のお寺まで13km、時間にして3時間弱ある。このままだと今日中に64番まで間に合わないかもしれない…

 

ちょうど佐藤さんも「そろそろ行こうか」と言うので、2人で出発した。が!25kgのリュックを担いだ佐藤さんはやっぱり少し遅い(というか私が速足なんです。ネイトはその私に輪をかけて速足)。10分くらい一緒に歩いたが、Googleマップを見ると64番まで絶対間に合いそうにないので、佐藤さんに「お先に行きます!」と言って1人で歩き出した。

 

3時までに61番に着きたい。それだとどんなに速足で歩いても無理なので、走る覚悟をした。これまでちょっと走ったことはあったけど(電車に乗るためとか)長く走ったことはないので不安だったが、リュックの紐をビシッと締めて小走りで走り始めた。

 

走りながらも道沿いにある廃墟・レトロ写真撮影は忘れない!

f:id:izumislife:20161128171610j:plain

すごく大きくて立派な中華料理屋…しかし残念ながら廃墟。こんなに立派な建物なのにねぇ…

 

f:id:izumislife:20161128172221j:plain

中華料理屋の手前に居酒屋(回転寿司?)の廃墟も。ダブル廃墟レストラン!どっちもすごく凝った建物なのでもったいない…

 

f:id:izumislife:20161128172440j:plain

カフェテラス「イタリア小僧」…このフォントがいいよねぇ。

 

f:id:izumislife:20161128172715j:plain

営業中のお店ですが「モーニングタイム」が毎日午後2時半までって!と思い撮影。でも後でこれはこの辺では普通のことと気づく。愛媛はスペイン時間なんですかね(スペインでは午後2時までは午前)

 

f:id:izumislife:20161128173037j:plain

おじさん達がたむろしてそうな軽食喫茶「美々」廃墟…美々は中国人の「メイメイ」だったりして。

 

f:id:izumislife:20161128182626j:plain

すごいレトロな理容室のウィンドウ。真ん中の人マンダムっぽい。

(マンダムを知らない世代はこれを見よ!→なつかしのCM 「マンダム」 - YouTube

 

f:id:izumislife:20161128182959j:plain

深夜3時まで営業のラーメン・お食事処の「初」…室外機があるところを見るとまだやってるのかも。

 

f:id:izumislife:20161128184907j:plain

私が住んでる九州北部はほとんど「HOTTO MOTTO」になっちゃったけど、懐かしいなぁほっかほっか亭。絵もレトロでIt's Nice!

 

f:id:izumislife:20161128185901j:plain

カラオケ赤ちょうちん「美泉」…(´∀`*)ポッ

 

f:id:izumislife:20161128190003j:plain

皆さん、これ何だか分かりますか??

 

f:id:izumislife:20161128190609j:plain

なんとタマゴの自動販売機です!めずらしい~!アムステルダムに行った時のコロッケ自販機を思い出すな~

 

ちなみにアムスに行った時のビデオはこちら↓ アムス最高!また行きたいよ~


女2人アムステルダムの旅! -2015/06/17-20-泉の人生 ビデオブログ

 

f:id:izumislife:20161128194049j:plain

建物の上に天守閣が!?焼肉「平城」、ちなみに韓国語読みすると「ピョンソン」です。

 

八十八箇所で一番変なお寺

この間ずっと走ってたわけじゃないけど、走ったり歩いたりしながら進んでだいぶ61番に近づいてきた。

f:id:izumislife:20161128195312j:plain

目の前に四国北部の山々が広がる。明日行く横峰寺はあの山のどこかにあるはず…

 

f:id:izumislife:20161128195416j:plain

やっと香園寺近くまで来た。予定していた3時になんとか間に合いそう!(元々の計画では12時に着く予定だったんだけどね)

 

香園寺→」の道標に導かれ歩いて行くと、突然大きな講堂が現れた。

f:id:izumislife:20161128200149j:plain

ん?お寺の講堂か??こんな大きな講堂があるなんて、かなり大きなお寺っぽいけど…本堂はどこだろう?…と思っていると

 

講堂の1階の真ん中でお祈りしてる人がいる。

え!?こ、ここ!???

 

f:id:izumislife:20161128200741j:plain

そうです。この講堂がずばり香園寺なんです。1階の真ん中で参拝もできるけど…

 

f:id:izumislife:20161128201222j:plain

左の階段から2階に上がると…

 

f:id:izumislife:20161128201330j:plain

真ん中にご本尊、右奥に弘法大師が祀られています。たぶん2階に上がって参詣するのが本当。

 

このコンサートホールのような大聖堂は昭和51年に建てられたそうだけど、どうしてこんな建物にしたのかは不明…ネットで検索しても出てこなかった。誰か知ってる人がいたら教えてください!!

 

f:id:izumislife:20161128214701j:plain

恒例の記念撮影。お寺に来た写真に全然見えない!笑

 

駆け抜ける3寺

このコンクリート・テンプルの納経所で、大量の納経帳を持った団体遍路のガイドとかぶってしまった。納経所のお坊さんがあたふたしてる隙間をぬって納経してもらったが、他にもお遍路さんがたくさんいたらけっこう待つことになってただろう…この日は64番まで間に合うかギリギリだったから本当に良かった。(この数日後に、似たような状況でガイドと大喧嘩することになるとは、この時はまだ思ってもいなかった)

 

香園寺を出て、1.5km先の62番宝寿寺まで走る。15分ほどで宝寿寺に到着!

f:id:izumislife:20161128221521j:plain

宝寿寺はけっこう小さなお寺。あと、ここのお寺は納経所の営業時間に注意が必要です。

 

宝寿寺の納経所で数人の列の一番最後に並んだんですが、私のを書き終わると納経所のおじさんが「疲れた~!もう100回くらい書いて腕が痛いわ!」とニコニコしながら言うので「さっき61番に団体さん来てたから、今からまたいっぱい書かなきゃですよ!」と言うと「いや、逆打ちの団体さんだったから、うち来て61番行ったんだよ。トイレも行けないくらい忙しかったよ~」と嬉しそうにトイレに行っていた。そっか、今年の団体さんってほとんど逆打ちなんだ。

 

そしてこの時はすっかり忘れていたのだが、後で思い出した。このお寺、要注意寺だったんです。

www.sankei.com

 

あの嬉しそうにトイレに行ったおじさんがこの暴行した住職ではないかもしれないけど、なんとなく頭の中で一致する感じのおじさんだった。ちょうどお昼休みの時間も避けて行けたし、機嫌の悪い住職に会って嫌な気持ちになることもなく良かった。

 

続けて、またまた1.5km先の63番吉祥寺(きっしょうじ)へ急ぐ。

f:id:izumislife:20161128230004j:plain

笑ゥせぇるすまん」がいそうな雀荘の前を通り

 

f:id:izumislife:20161128230336j:plain

昭和の女学生が通った御誂セーラ服店を通り過ぎると(セーラーじゃなくセーラ服ってとこがいい)

 

63番吉祥寺(きっしょうじ)へ到着!

f:id:izumislife:20161128233002j:plain

「きちじょうじ」ではなく「きっしょうじ」、金剛力士の代わりにインド象的な像が迎えてくれます。

 

f:id:izumislife:20161128233421j:plain

手水舎の龍がすんごいカッコイイの。手水舎ってけっこう龍がいる確率高いんです。手水舎の龍の写真をコレクションしたら面白いかも!

 

この吉祥寺には、なんとその昔イスパニア(スペイン)からはるばるやって来たマリア像が祀られているんです。

寺宝に「マリア観音像」(非公開)がある。高さが30cmほど、純白の美しい高麗焼の像だが、伝来の由縁が興味深い。土佐沖で難破したイスパニア船の船長が、長宗我部元親に贈ったもので、元親はマリア像とは知らず、吉祥天のように美しい観音像として代々伝えられ、徳川幕府キリスト教禁令にも難を逃れている。-四国八十八ヶ所霊場公式ホームページ

非公開なので残念ながら見ることはできませんが、マリア様がお寺に祀られているというのはなかなか探してもないんじゃないんでしょうか?仏教キリスト教の融合!

 

また、本堂の向かいに高さ1mほどの成就石と呼ばれる、下の方に穴の開いた石があって、本堂前から目隠しをしてこの石に向かって歩き、金剛杖をこの穴に通すことができれば願いが叶うらしいです。(写真がないので、興味ある人は公式HPで見てみてね!)

 

ガイドブックで読んだときは「おお~やってみたい!」と思っていたのに…あまりに急いでいたため成就石の存在をすっかり忘れて、納経した後すぐに次のお寺に向かってしまった!残念~…これもいつかまた(バイクか車で)遍路をやるときがあれば、リベンジしたいと思います!

 

吉祥寺を出たのが4時過ぎ。64番前神寺は3km先にあるので十分間に合う!走った甲斐があった~

f:id:izumislife:20161129135434j:plain

吉祥寺を出てすぐのところにあった「みまもる君」、どうしても「あばれる君」を連想してしまう。

 

f:id:izumislife:20161129135529j:plain

お祭りが終わったのか、これから始まるのか、神輿を動かしているおじちゃん達。コロコロ付きです。

 

f:id:izumislife:20161129135638j:plain

こんな見た目だけど、ランプ点いてるしちゃんと営業中なラーメン屋、その名も「ラーメン屋さん」笑

 

f:id:izumislife:20161129135916j:plain

明らかに阪神ファンのオーナーが経営するパン屋さん「ベーカリー宇野」。パン屋なのに「吠えて勝つ!!」

 

f:id:izumislife:20161129140042j:plain

ちなみにサイドの看板には「NEVER NEVER NEVER SURRENDER」の文字。もうパンと全然関係ない。

 

f:id:izumislife:20161129140218j:plain

お遍路を始めた徳島までの標識が!お、終わりは確実に近づいているッ…!!

 

そして4時40分、本日最後の寺、64番前神寺(まえがみじ)に到着!

f:id:izumislife:20161129140438j:plain

良かった…間に合って良かったよぉ~…

 

前神寺はけっこう大きなお寺でした。大きいっていうか、広い。

f:id:izumislife:20161129140529j:plain

背の高い杉の木に囲まれた境内。人もほとんどおらず、静かで厳かな雰囲気

 

f:id:izumislife:20161129140758j:plain

水が鉄分を含んでいるのか、赤く浮かび上がったお不動様。岩肌に貼られた1円玉がブツブツっぽくて気持ち悪いのでやめてほしいです…

 

f:id:izumislife:20161129140923j:plain

本堂がある広い境内。右側の神社(たぶん)は階段が辛そうなので参拝を諦めました。でも一応、鳥居のとこで一礼したし、いいよね…

 

ネイト、中山さん、スーザンと飲み!

さて、なんとか無事に本日の予定をこなし、あとは5km先のホテルまで歩くだけ!そこにネイトからメッセージが。

 

「OMG there is a HUGE abandoned shopping arcade in Saijo, you would love it」

(西条にすごく大きな廃墟商店街がある、きっと気に入るよ)

 

そうです、ネイトもこの日は西条駅近くのホテルに泊まることになっており、60番の山登りを終えてもうホテルに到着していたのでした。私の廃墟好きがしっかりバレてるし!

 

そこで歩きながらネイトとメールで会話。

私「今日60番どうだった?」

ネ「良かったよ」

私「山道行ったの?」

ネ「いや、両方。半分車道で、半分山道」

 

車道と山道??そんなルートなかったけどな…私のガイドブックでは、60番に行く道はガチ山道コースか、遠回りして延々車道コースかのどちらかしかなくて、私はもちろん延々車道コースで行こうとしていたのだ(詳しいルート解説は明日します)。

 

ま、いいや…どのみち私は安全な車道を行くし、と思い足を進める。ネイトが言う通り、西条駅に近づくと私好みなレトロなお店がたくさん!ただ、もう夜でほぼ真っ暗になっていたので写真は撮れず…残念。

 

ところで、この日の朝ネイトから「今、中山さんとスーザンと一緒!」というメールが来ていたんです。

 

中山さんとは、私が高知の室戸岬周辺で数日一緒に歩いたスーパーおじいちゃんのことで、数日前からドイツ人のスーザンという女の子とずっと一緒に歩いていた。中山さんは私よりだいたい1~2日先を行き、パソコンから毎晩その日のブログをHPにアップされていたので、私は毎晩寝る前に中山さんのブログを読んで次の日の予習をしたり予定を修正したりと便利に使わせてもらっていたのだ!

 

なので前日の中山さんのブログで、スーザンと中山さんがネイトと同じ宿(ビジネス旅館小松)に泊まっていたことは知っていた。そこで西条駅近くまで来てネイトに「ネイトは今日も中山さんとスーザンと一緒のホテル??」とメッセージを送ってみた。

 

が、返事が来る前に、ちょうど居酒屋に行こうとしていた中山さん、スーザン、ネイトの3人に遭遇!急いで荷物をホテルに置いて、私も3人に合流する。

 

4人で西条駅近くの居酒屋で晩ごはんを食べました!(写真は撮り忘れちゃったので、中山さんのHPで見てみて下さい←)

 

ごはんを食べながら、3人が今日登った60番へのルートを教えてもらう。なんとガイドブックには載っていない第3のルートが存在するらしい!!その地図は「ビジネス旅館小松」に泊まった人にしかもらえない秘密の地図で(そんなことはないんだろうけど)私はその地図を中山さんから譲り受けました!!このルートのおかげで本当に助かった…詳しくはまた明日のブログで解説します。

 

その後、ホテルに帰って就寝。私が泊まった「ホテルオレール西条」は、前日泊まった「ホテルバリイン」とインテリアの配置がほぼ一緒(ビジネスホテルだからね…)で別のホテルに来た気がしなかった。ビジネスホテルほんと好き。住める、全然住めるよ…

 

まとめ

この日は、何といってもやっぱり「仏の声を聞く男、佐藤さん」との出会いが強烈でした!霊的な話以外の話も本当に面白い(野宿の話とか)ので、皆さんもぜひぜひ探してみて下さい!あと11年は四国をぐるぐる回ってるはずです。というか、翌日の横峰寺の山登り途中で再会して結局一緒に登ったので、明日のブログにも登場します、佐藤さん。

 

これから歩き遍路に出る方のための注意点

  1. 60番をどういう順番で打つか迷うと思うんですが、私が思う一番簡単なルートは、59番を打った後もちろん60番は飛ばして、59番から国道196号をまっすぐ南下して61番、62番まで打つ。62番近くから「へんろみち保存協力会」公式地図には載っていない(2016年10月現在)車道→整備された山道を行くルートが存在します。そこから60番を打ち戻り、63番、64番と打つルートが最も体力を温存できるルートです。詳しくは明日のブログも参照のこと。
  2. 62番宝寿寺は、もうすでに有名だとは思うんですが、納経所の営業時間が他のお寺と違うので注意が必要です。朝8時~午後5時まで、そして正午12時~1時まではお昼休みです。時間に注意してうまく計画を立てて下さい!
  3. 63番吉祥寺には、その穴に金剛杖を通すと願いが叶うといわれる「成就石」があります。けっこう簡単に通すことができるみたいなのでぜひやってみて下さい(ちなみに私はすっかりその存在を忘れてて素通りしちゃいました…)
  4. 西条駅周辺のホテルはたくさんありますが、私は駅に一番近い「ホテルオレール西条」に泊まりました。部屋はきれいだし、まあまあ安いし、無料のジュースやコーヒーもあって良かったんですが、洗濯機が乾燥まで一緒のやつで2時間くらい時間がかかるわりに全然乾かない!2台しかなくていつも空いてないし、料金も高い(確か500円)ので、前か次の宿で洗濯する方がいいと思います。

 

以上!明日はがっつり山登りDAYです!!この60番を終えたら、あと残す山登りは66番だけ!!(とこの時は思っていた…)

 

ではでは☆