四国歩き遍路 女一人旅 in 2016

1978年生まれの38歳、独身。ソウル→バルセロナ在住を経て現在日本に帰国中。2016年9月から念願だったお遍路さんに行ってまいります!うるう年ですが初挑戦なので順打ちで行います。

四国歩き遍路 第36日目(10月16日) 〜大寺院と大神社と石パン

にゃち!izumiです!

 

さっそく昨日のブログのコメント欄に「南無大師遍照金剛」下さった方

 

ありがとうございます!!!(*´ω`*)

 

めっちゃ励みになっております…よし、今日も書くことたくさん!香川県はお寺がギュッてなってる分、中身も濃いです。

 

ではー行ってみよ(/・ω・)/

 

 

88中TOP寺

さて今日の行程でーす!

f:id:izumislife:20161205190318j:plain

前日泊まった「丸亀ゲストハウス・ウェルかめ」に荷物を置いて丸亀駅金蔵寺駅まで行き、74番甲山寺(2.6km)、そして空海生誕の地である75番善通寺(1.6km)、そこから善通寺駅まで行き(1.5km)琴平駅まで、そして金刀比羅宮を参拝しまた善通寺駅まで戻り(4㎞)、そこから76番金倉寺(2.6km)、77番道隆寺を経て(4km)、丸亀駅の「ウェルかめ」に荷物を取りに戻り(3.6km)そこから本日最後の寺、78番郷照寺(4km)へ、そして本日の宿「ニューセンチュリー坂出」まで歩きます(3.8km)。全長約28km!説明書いてても長い!笑

 

前日「ウェルかめ」の共用スペースに泊まった私。畳の上でごろ寝するのには慣れているので、お座布団と毛布だけでも十分熟睡できました(あと2500円と聞いていたんですが、中嶋さんが2000円にまけてくれた!やった~!)6時33分の電車に乗るために朝6時に起きて準備。外では昨日居酒屋で会った若者N君がテントを畳んでいる音がする。

 

宿に置いて行く荷物を整理していたら、思ったより時間がかかってしまった!6:33発の電車を逃すとなんと次は7時23分、逃すわけにはイカンッ!!なんとか荷物を整理して6時半に宿を飛び出す。庭でテントを片付けていたN君に「バイバイッ!」と0.2秒で挨拶して丸亀駅まで走り、なんとか6時33分の電車に間に合った。

 

金蔵寺駅から徒歩30分、本日最初の寺、74番甲山寺(こうやまじ)に到着!

f:id:izumislife:20161205200830j:plain

なんだか全てがどよーんとしている…この日は全体的に曇りだったんだけど、前日からの負のオーラを引きずってたのかもしれない。あのタヌキ親父め~!

 

甲山寺は…今まで「この寺特徴ない」「この寺も特にない」と散々書いてきましたが、そんな中でもダントツに特徴がない寺だったかもしれない…

なにも覚えてない…(´・ω・`) 写真も山門の前で撮ったこれだけしかない。寂しいね…

 

気を取り直して次のお寺へ!次の75番は甲山寺とは打って変わって、おそらく四国八十八ヶ所のお寺の中でも一番重要な寺

 

弘法大師生誕の地、善通寺

 

高野山、京都の東寺と合わせて空海の3大霊跡とされているらしいです。

 

74番から歩いて20分ほどで、75番善通寺に到着!

f:id:izumislife:20161206030952j:plain

善通寺は広くてどこが正門なのかよく分からない…とりあえず門的なものの前で写真…

 

f:id:izumislife:20161206034721j:plain

さすが善通寺!山門の名前が「遍照金剛閣」!!

 

f:id:izumislife:20161206034905j:plain

前日、本山寺五重塔が見れなかったので善通寺五重塔に期待してたんだけど、あいにくの天気…

 

f:id:izumislife:20161206035039j:plain

善通寺の本堂…ガイドブックには「金堂」とあります。まぁ豪華!

 

f:id:izumislife:20161206035537j:plain

本堂のある「東院」から、空海誕生の地である「西院」に続く道。奥には昨日行った捨身ヶ嶽があるけど、この写真では前の山が邪魔して見えないです…

 

お大師様の肉声・修正済

御影堂のある西院は元々、空海の出自である佐伯氏の邸宅があった場所。御影堂奥殿は空海の母の部屋があった場所で、まさに弘法大師が生まれたところらしいです。

f:id:izumislife:20161206035922j:plain

生まれたー!!左の女性がお母さんらしい。空海の母は四国遍路中もちょいちょい出てきてて(修行中の空海を追いかけて来て、雨が降ったので空海が岩をねじって雨宿りさせたとか)とにかく常に修行中の空海を追っかけてるイメージ。兄弟とかいなかったのかなぁ…

 

f:id:izumislife:20161206040628j:plain

左に見えるのが御影堂(右は戦没英霊のために建てられた聖霊殿だそうです)。御影堂の地下にはちょっと面白いものがあるんです…

 

弘法大師生誕の地だけあって豪華な御影堂の地下には「戒壇めぐり」と呼ばれるものがある。戒壇めぐりと宝物館拝観はセットになっており(500円)

戒壇めぐりは約100メートルの暗闇の中、宝号を唱えながら大師と結縁する道場である。宝物館は、善通寺が所蔵する仏像などのほか、経典・聖教(しょうぎょう)・古文書をふくめると約2万点を収蔵し、そのうち約30点を常設展示している。-巡るめく四国より

 というもの。

 

暗くて狭いところは苦手なんですが、ここまで来たらやらなきゃ!と思いチケットを購入し1人で地下へ…(こんな時に限って他の拝観客が全然いない!)「左手で壁をつたい、南無大師遍照金剛と唱えながら進んでください」と言われたのでその通りに進むが、入り口から2~3メートルですでに真っ暗。何も見えない。何も聞こえない。どれくらいの大きさの穴をどこに進んでいるかも分からない。心臓がバクバクし始める。

 

その時「南無大師遍照金剛」と唱えていた自分の声の響きが急に大きくなって、思わず「わっ!」と声を出してしまった。すると小さな光がポッと灯り、辺りが照らされる。いつの間にか狭い回廊を抜けて小さく開けた空間に来ていたらしい 。だから声の響きが変わったのか。

 

小さな空間の奥には祭壇があり(たぶん)弘法大師が祀ってあった。光が点くとともに、自動音声で「今から、科学的に再現された弘法大師様のお声が流れます」的放送があった後…

 

何ともいえないおじさんの話す声が流れてきた…

 

いや…なんか全然話に集中できない。話してる内容はすごく(ありきたりだが)ありがたいお話なんだけど、声が…いかにも「科学的に再現しました!」っていう感じっていうか、どこかコンピューターチックって言うか、喋るスピードもゆっくり過ぎて正直不気味っていうか…

 

あ、あれだ。よくテレビとかで顔モザイクされた男性の声が変に低くて、テロップで「音声は変えてあります」って書いてあるアレ…あの声っぽい。嫌だ!そんな声が弘法大師様の声だなんて!!

 

科学の進歩にちょっと失望しながら先を進む。一度少し明るくなったら、自分のいる廊下がどんな形か分かったので後半はほとんど怖くなくなった。

 

歯への挑戦状 

戒壇めぐりを出て、せっかくなので宝物殿もちょっと見学して、もう一度東院に戻る。

f:id:izumislife:20161206044607j:plain

西院から東院の方向を望む。うん、やっぱり五重塔があると風景に味が出るなぁ!

 

その前に、「月曜から夜ふかし」で紹介され話題になった日本一硬いパン、その名も「石パン」が善通寺前のお店で売っているとのことで買っていくことに。

f:id:izumislife:20161206045038j:plain

こんな明治時代みたいなお店で売ってます!実際明治創業らしい。お店の名前は「熊岡菓子店」…カタパンが店名じゃないのね。店の前に自転車がとまってるだけで昭和の香りが!寅さんか!!(←好き)

 

善通寺駅に行くため、東院の境内を通る。さっきは気づかなかったけど、すごく大きなクスノキがあった。

f:id:izumislife:20161206045813j:plain

こういう顔出しパネルがあるとほぼ絶対写真を撮る人で、しかもお遍路してる私がお遍路さんの顔パネルってどんだけ面白いんだよ!撮りたい!!と思ったけど、周りに誰もおらず時間がないので諦めました。撮りたかったよー( ノД`)

 

f:id:izumislife:20161206050104j:plain

弘法大師が生まれる前からあったらしい。弘法大師も生まれ故郷の楠として懐かしんでいたんだとか。っていうか、この看板…割られた??

 

f:id:izumislife:20161206050441j:plain

たぶんここが正門だったらしい。五重塔もバックに入るし!ということでもう一回記念撮影。

 

善通寺の正門を出たところにあるベンチに座って、さっき買った石パンをひとつ食べてみることにした。どんだけ硬いんだろう!

f:id:izumislife:20161206050725j:plain

100g買ってみた。180円、安っ!袋もレトロでいい感じです。

 

f:id:izumislife:20161206050958j:plain

これが石パンだ!!パンっていうか…かりんとう?せんべい?何だろ…パンではない気がする。

 

それでは、実食!!

 

f:id:izumislife:20161206051730j:plain

ファースト・エンカウンター、未知との遭遇

 

f:id:izumislife:20161206051956j:plain

む…こっちか…

 

f:id:izumislife:20161206052017j:plain

や、やっぱこっち?こっちで行ける…か?

 

f:id:izumislife:20161206052055j:plain

いけ…る…か…??

 

いやどんだけ写真使うんじゃーい!!すみません動画編集したら載せます…

 

これ、ほんとにほんとに硬かったです。でも唾液をうまく使えばじわりじわり行けます。味はけっこう好き、昔の素朴なお菓子の味。この石パン、保存がきくように硬く作られたらしく、リュックの中に放置して遍路終わって実家に帰ってから食べても全然大丈夫でした。お父さんは好きだったみたいだけど(私と味覚が似てる)お母さんは「硬くて食べれない!」って言ってた。唾液で柔らかくしないと無理よ。

 

スタタタこんぴらさん

さて、今日のメインは善通寺ともうひとつ。こんぴらさん金刀比羅宮)です!2012年7月の青春18きっぷの旅で1度お参りしたことあったんですが、その時はアサイチだったため参道のお店がほとんど閉まってて、そのリベンジもあったし神社としても大好きなのでもう一度行こう!と思いました。遍路ルートからけっこう近いしね!

f:id:izumislife:20161206195015j:plain

4年3ヶ月ぶりに降り立った琴平駅。何も変わってない!

 

f:id:izumislife:20161206195409j:plain

琴平駅を出るとすぐに見えてくる大きな鳥居。ここは「こんぴらさんの町」なんだなぁ。

 

f:id:izumislife:20161206195634j:plain

お土産屋や食堂が建ち並ぶ通りを通る。外国人観光客(アジア系)が多かったです!

 

f:id:izumislife:20161206200116j:plain

メインの参道に到着。ここをまっすぐに進むと階段が現れる。

 

この「こんぴらさん」、何が有名って本宮まで785段、一番上の奥社まで1368段もあるという階段です!前回来たときは朝から一人で奥社まで上ったのですが、今回は時間もないし785段のご本宮まで上ることにしました。(写真が多いけど勘弁して下さい!)

 

f:id:izumislife:20161206204202j:plain

奥に見える階段、あれが記念すべき1段目です!

 

f:id:izumislife:20161206204243j:plain

最初はずっと階段が続くわけではなく、階段と階段の間にお土産屋と食堂がずらっと建ち並びます。

 

f:id:izumislife:20161206204422j:plain

100段目。この日は日曜だったので家族連れも多く、遍路姿の私ははっきり言ってかなり浮いてました…もっとお遍路さん来てるかなと思ってたけど、全然いなかったなぁ…

 

f:id:izumislife:20161206204606j:plain

途中のベンチに座ってお喋りするおばちゃん達。今?今そのお喋りしなきゃダメ??

 

f:id:izumislife:20161206210320j:plain

ここで294段目、あと491段!五人百姓とは、古くから金刀比羅宮と縁故のある家柄の五人で、金刀比羅宮の境内で唯一代々営業を許されている飴屋さんだそうです。あとで出てきます。

 

f:id:izumislife:20161206210654j:plain

365段目にある大門。ここから内側が境内となります。

 

f:id:izumislife:20161206210901j:plain

大門のある場所から後ろを振り返ってみる。ちょっと上っただけでもうこの景色です!気分良いね~!

 

f:id:izumislife:20161206211021j:plain

大門をくぐるとすぐ、さっき紹介した「五人百姓」が飴を売っています。百姓っていうか、5人ともおばちゃんだったけどね。これは飴の試食を貰っているところ。手の下に見える扇形の黄金飴です。

 

f:id:izumislife:20161206211446j:plain

鳥居をくぐったところから両隣にずらっとお金を寄進した人の名前が彫ってあって面白い。かなり昔の石もあって、昔の人の名前ってみんなかっこいいなぁ!と思った。

 

f:id:izumislife:20161206211708j:plain

ちょっとした広場に出る。左奥の小屋に白と黒の馬が各1頭います。神様が乗るための馬で「神馬(しんめ)」と呼ばれるそうです。

 

f:id:izumislife:20161206212011j:plain

そして鳥居の右側には「こんぴら狗」の銅像が。金刀比羅宮のお守りにもついてる有名なこの犬の由来についてはこちらをどうぞ。(他力本願!)

 

f:id:izumislife:20161206212259j:plain

628段のところにある旭社。けっこう大きいので、これを本殿だと勘違いしてお参りして帰っちゃう人もいるんだって!行きはまだここではお参りせず、まずは本宮まで上って参拝し、帰りに旭社にお参りするのが本当、らしいです!

 

f:id:izumislife:20161206212806j:plain

あと少しで御本宮!というときに、隣をジャージを着た青年が駆け足で上って行った。トレーニングしてるらしい。確かに、こんぴらさんの階段ってトレーニングに最適だよ~、近くに住んでるなんて羨ましい!

 

f:id:izumislife:20161206213044j:plain

というわけで御本宮に到着~!785段…正直あっという間だった。4年前はけっこう大変だった記憶があるんだけど…35日間の遍路で脚力が半端なくついたらしい!(今ブログを書いてる時点ではもうすでに脚力落ちてると思われる…あの時だけだったかぁ…)

 

f:id:izumislife:20161206213243j:plain

御本宮のある位置から見下ろす景色。ちょっとモヤがかかってますね…

 

f:id:izumislife:20161206213337j:plain

御本宮を横から。ずっとお寺参りだったから、神社なのに般若心経読もうとしてしまった。違う違う!

 

御本宮参拝を終え、お母さんに「こんぴら狗」のついたお守りを買い、御朱印をもらい、ちゃっちゃと階段を下りる。行きも帰りも全然辛くない!なんだこれ…自分の脚が怖いよ!

 

一番下までおりて、参道のうどんを食べることにする。たぶん一番有名なのは「虎屋」と「こんぴらうどん」、この2店は隣同士だ。2012年に来た時は「虎屋」で食べたので(そっちしか開いてなかった)今回は「こんぴらうどん」で食べることに!

f:id:izumislife:20161206214809j:plain

歴史を感じさせるお店の外見。ちなみに左に隣接してるのが「虎屋旅館そばうどん」さん。

 

f:id:izumislife:20161206214315j:plain

店内はそんなに古さを感じない…店内のレトロさで言えば隣の虎屋の勝ち。あっちはもうなんか江戸時代?って感じでめちゃめちゃ雰囲気いい(レトロ好きじゃない人には古すぎるかもだけど…)

 

f:id:izumislife:20161206214546j:plain

えび天ぶっかけうどん、770円。脱帽。めちゃめちゃめちゃめちゃ美味い。かぼすを絞って更に美味い。もうね、ペロリです。良かった今回はこっちで食べて。味は確実に虎屋より「こんぴらうどん」の方が美味しい。

 

うどんを食べた後、気になっていたあのソフトクリームを勇気を出して食べてみることにした。

f:id:izumislife:20161206215305j:plain

こちらのアイスクリーム…何味だか分かりますか?

 

f:id:izumislife:20161206215424j:plain

答えは「うどん味のソフトクリーム」!!ネギとしょう油、それに形も麺っぽく絞り出してあります…味はね…限りなくうどんに近いです。今まで味わったことない味だった…

 

丸亀、義理と人情とたい焼きの町(ウソ) 

2回目のこんぴらさん参拝を心ゆくまで味わい尽くし、すっかり満足して琴平駅から善通寺駅まで電車にのる。さて、観光客は終わり!お遍路に戻る時間だ。次のお寺、76番金倉寺(こんぞうじ)までは2.6km!

 

そして午後1時過ぎ、76番金倉寺に到着!

f:id:izumislife:20161206221314j:plain

「下馬」の文字がカッコいい!昔はここで馬から降りなければいけなかったんだろう。

 

f:id:izumislife:20161206220728j:plain

金剛力士像…やっぱなんかお寺が落ち着くわ。(金刀比羅宮の大門の両サイドに弓を持った平安貴族みたいなのがいるのを見た時はびっくりしたよ~。モンゴル相撲の横綱に憧れてる女が韓流ドラマの俳優に会ったときのような気分になったわ!)

 

f:id:izumislife:20161206221428j:plain

金倉寺もまぁ特に見るものがなかったというか…急いでたので見学する時間もなかったんだけど…

 

f:id:izumislife:20161206221522j:plain

さすが「金」がつくお寺だけあって、こんな直球な絵馬が売ってあったりしました。ここまで素直だと憎めないよねー。お金は大事だよー。

 

スケジュールみっちりなのでドンドン行きます。途中またまたお祭りの神輿場面に遭遇したりしながら…

f:id:izumislife:20161206221833j:plain

もう近くに行って撮る気もない…時間ないしね。手前の浴槽に腰をかけてるおじちゃんがちょっと気になる。祭りに参加して!

 

2時20分、77番道隆寺(どうりゅうじ)に到着!

f:id:izumislife:20161206222333j:plain

完全に「スケジュール消化モード」になっている時の顔。来た撮った納経した、ハイ次ッ!って感じだ。

 

f:id:izumislife:20161206222529j:plain

何を撮ってもどよーんとしている天気…こんな日に歩いた遍路道やお寺は記憶に残りづらい。お遍路は天気におもいっきり左右されますなぁ…ルートも記憶も…

 

f:id:izumislife:20161206222756j:plain

正面の本堂まで約250体あるらしいブロンズの観音像…正直このお寺で記憶に残る特徴と言えばそれくらい。か、悲しいね( ノД`)!

 

道隆寺を出て、公式地図の遍路道ルートから少し離れて丸亀駅へ向かう。昨日泊まった「ゲストハウス・ウェルかめ」に荷物を取りに行かなきゃいけないからだ。

 

午後3時過ぎ、ウェルかめに到着。オーナーの中嶋さんがちょうどお掃除をしているところだった。玄関には私のリュックと、その上にみかんの差し入れ…「みかん頂きます!ありがとうございます!」と言って、リュックを背負い行こうとすると中嶋さんが

 

「今日の予定が郷照寺までならまだ時間あるから、ちょっとおやつ食べてかない?」

 

と言うので、まぁ確かに時間に少し余裕があるし、おやつ食べてくか!と思い、宿を出る中嶋さんの後を追った。歩くこと30秒、商店街の中の「たい焼き」と「たこ焼き」を売っているお店に着いた。

f:id:izumislife:20161206223935j:plain

たい焼きなんて食べるの何年振りだろう!昔からあるお店の感じと、家族経営らしいお店の人の人柄が、お腹だけじゃなく心も満たしてくれるお店!こりゃー好み♡

 

f:id:izumislife:20161206224114j:plain

丸亀ゲストハウス・ウェルかめのオーナー、中嶋さん。たい焼き奢ってくれたんです!みかんも頂いたのに!でもお接待は断れないので(という大義名分で)美味しく頂きます!!

 

今ネットで調べたら、1966年創業の「たこ焼 浜屋」さんだそうです!皆さん、丸亀に行ったらぜひ寄ってみてね!添加物のなるべく入っていない小麦粉で作る、こだわりのたこ焼きだそうです…書いてて食べたくなってきた(´・ω・`)

 

さらに中嶋さんのお友達の方がやってらっしゃる駅前の「丸亀おもてなし商店」というカフェに入ってアイスコーヒーを飲みながら色々とお話を聞いた。お2人の丸亀愛がすごい!私も一応、鳥栖生まれ鳥栖育ちだけど…そこまで鳥栖に対して愛情があるのか?と言われたらたぶんない…むむー。いや、でも鳥栖もいいとこいっぱいありますよ。…そのうち鳥栖紹介のブログでも書くか…

 

ホーンテッド・ホテル… 

十分休養もできたので、中嶋さんにもう一度お礼を言って丸亀を出発した。目指すは本日最後の寺、78番郷照寺(ごうしょうじ)だ!

f:id:izumislife:20161206225040j:plain

石垣の上に建つ丸亀城。歴史とか古い建物とか好きなのに、お城だけはなぜか興味が全く湧かないの…不思議。

 

途中、土器川という川にやたらと人が集まっているのを発見。何事だ??

f:id:izumislife:20161206225409j:plain

みんな向こう岸を見ている…

 

f:id:izumislife:20161207024512j:plain

ん??何かが下りて来ようとしている???

 

f:id:izumislife:20161207024628j:plain

神輿が河原に下りて来ようとしてるのかな?…と思いきや、結局下りずにそのまま左へ行っちゃいました。でも明らかに何かが下りてくるような旗の並べ方。何が、誰が下りてくるんだ!??

 

橋を渡りながらじっと見ていると、地元のおばちゃん2人が「あら、お遍路さん?」と声をかけてきた。おばちゃんに「何かが河原に下りてくるんですか?」と聞くと、やはり神輿が下りてくるのだと言う。しかも、神輿を担いだ男衆がそのまま川の中にまで入っていくそうなのだ!

 

「面白いから見ていきなさいよ!」というおばちゃん達…でも今日中に郷照寺まで打たなきゃだし、お寺は5時に閉まっちゃうし…一瞬、郷照寺まで行って帰ってこようかと思ったけど、時間・体力ともにないのですぐ却下。「また次の機会に…」と残念ながら諦めて先に進む。(ネットで調べたら、土器川の水浴び神輿、というらしいです)

 

そしてやっと4時半、本日最後の寺、78番郷照寺に到着!

f:id:izumislife:20161207025716j:plain

後ろにいるのは入り口で知り合った公共交通遍路のおじさん。出身は関東で現在は出張で香川に住んでおり、休みの日にお遍路をされているそうです。「香川はだいたい行った、これから愛媛や高知が遠くて大変そう」とおっしゃってました。皆それぞれの方法で回ってるんだなぁ。

 

郷照寺はそんなに大きいお寺じゃないけど見るところがちょいちょいあるお寺で

f:id:izumislife:20161207030320j:plain

ご利益大好きなおばさま達が寄ってたかって手を合わせそうなド直球なお地蔵様とか…

 

f:id:izumislife:20161207030422j:plain

祈りたいような祈りたくないような、可愛い文字でダークなこと言ってくるみたいな「さぬきの三大ポックリさま」とか…

 

f:id:izumislife:20161207031044j:plain

他のお寺でも見たからもうそんなに驚かないけど、金ピカの観音様がずらっと並ぶ図はやっぱり壮観な地下の万体観音洞とか…

 

あときれいなお庭とかありました。時間がゆっくりあってお天気だったら3倍楽しめたんだろうけどね。

 

今日も無事にタイト目のスケジュールを消化できたことに安堵しつつ、本日の宿「ホテルニューセンチュリー坂出」までの道を歩く。1時間後の午後6時過ぎ、ホテルの前に着く…

f:id:izumislife:20161207031552j:plain

 

怖!!( ゚Д゚)…ディズニーシーのタワーオブテラーみたいやんけ!!

 

明かりが点いてる客室も少ししかないし、ここホントに大丈夫なんだろうか…と不安になりながら中に入るも

 

中は普通に普通のビジネスホテルでした。しかもフロントの人けっこう親切丁寧だし、オープン記念日だか何周年記念だかのくじ引きで500円分のQUOカードと1回分の洗剤もくれた!いい宿じゃん!

f:id:izumislife:20161207135358j:plain

QUOカードはコンビニで使えるからすごく嬉しい!そして今考えたら、客室の電気が外から見えなかったのって、遮光がしっかりしたカーテンだったからなのね。

 

というわけで、ホテルニューセンチュリー坂出、なかなか良いホテルです。ちょっと遍路ルートからは離れてるけどね。

 

まとめ

普通は、善通寺に行ったら善通寺に行った日だけのブログ、こんぴらさんに行ったらこんぴらさんだけのブログを書くと思うんですけど、善通寺行くわ、こんぴらさん行くわ、かったい石食うわ、いろいろ奢ってもらうわ、まぁ普通の旅行じゃないのでブログがいちいち長いです。ご容赦ください…ま、昨日のブログよりは短いか。

 

これから歩き遍路に出られる方のための注意点

  1. 75番善通寺弘法大師生誕の地に建つお寺だけあって、さすがに広いです!まずは東院(五重塔がある方)にある金堂(本堂)に参拝し、その後反対側の西院に行き御影堂(大師堂)に参拝します。ちなみに御影堂地下にある戒壇めぐりでは、科学的に再現された弘法大師の声を聞くことができます。まあ何事も経験だし、宝物殿拝観も付いて500円とそんなに高くないので、話のネタにやってみて下さい!笑
  2. 善通寺の東院と西院の間の道に「熊岡菓子店」という明治創業のお店があって、そこの「石パン」がもう笑っちゃうくらい硬いです。日持ちするのでお土産にもできるし、話のネタに食べてみて下さい!!笑笑
  3. 金刀比羅宮に寄って行かれる方、ぜひ「うどん味のソフトクリーム」を食べてみて下さい!話のネタに← 参道の「こんぴらしょうゆ豆本舗」というお店で売ってます。

 

以上!明日は「もうないって言ったやん!嘘つき!!」の山登りDAYです。ちなみに最終日まで結局山登りでした。遍路と山登りは切っても切れにゃいよ。

 

ではでは☆