読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四国歩き遍路 女一人旅 in 2016

1978年生まれの38歳、独身。ソウル→バルセロナ在住を経て現在日本に帰国中。2016年9月から念願だったお遍路さんに行ってまいります!うるう年ですが初挑戦なので順打ちで行います。

四国歩き遍路 第37日目(10月17日) 〜楽で恐ろしい山登り!の巻

よす!izumiす!

 

残念なお知らせです…たぶんどれだけ頑張っても

 

韓国旅行始めるまでにお遍路ブログ全部書けない…

やっぱムリ(´;ω;`)ウゥゥ

 

というわけで、韓国に行って向こうで色々と(主に食べるのと飲むので)忙しい合間をぬってブログを書きますので、最後の方アップが遅れても…

f:id:izumislife:20161118145744j:plain

許してちょんまげ!(by石手寺の衛門三郎)

 

…怒られる前にとっとと今日のブログに行きましょう。今日はまさかのガッツリ山歩きDAY!

 

それではー、バモノッ!!(スぺ語)

 

天皇寺内で迷う

今日のルート解説はちょっとややこしいんだけど、ついて来てねっ!

f:id:izumislife:20161207163105j:plain

前日泊まった「ホテルニューセンチュリー坂出」を出発し、まずは79番天王寺(3.2km)、その後80番をいったん飛ばしてまっすぐ81番白峯寺(7.2km)に登り、山の中の道を82番根香寺まで歩く(7.5km)、その後山道を下り80番国分寺まで(7km)、83番一宮寺まで歩いたら(8.7km)、そこから徒歩10分の「一宮駅」から電車に乗って「高松築港駅」まで行き、徒歩2分で本日の宿「高松ゲストハウスBJステーション」まで行きます。全長約34.5km(+山道)のまあまあキツイ日です。ちなみにオレンジの矢印ルートが行ったルートです(見づらくてごめん!)

 

元々の計画では普通に79→80→81→82と打つ予定だったのですが、前日SG中山さんのブログを見たこと、その中山さんに82番で会ったネイトから前日「明日80番を飛ばして81番に行く道の方が楽みたい」というメッセージを貰ったことで、前日の夜に計画を変更しました。持つべきものは1日先を行く遍路友達、複数いればなお良し(*´ω`*)

 

だが天気予報ではこの日は雨!…なんでこんな山登りの日に限って( ノД`)と自分の雨女加減にうんざりだったのですが、ネイト曰くこの日以降、私たちの結願までもう雨の日はないとのことだったので(ネイトに頼り過ぎだな私)ええいこれが最後だ!と思って朝ホテルを出発しました。

f:id:izumislife:20161207164519j:plain

ホテル近くにあった中華料理店…外国人だと思うんだよなぁこの文字は。外国人の日本語学習者の字には特徴があって(もちろん全員に当てはまるわけじゃないけど)正方形の中にバランスよく収まってないんだよね。日本で小学校に行けば知らない間にあの正方形のマス目が並んだ「漢字練習帳」の恩恵を受けるわけですよ。あとこの看板の電話番号の文字ちっちゃ過ぎ!…電話してほしくないのか?

 

f:id:izumislife:20161207164949j:plain

「八十八」と書いて「やそば」と読むらしい。「八十八名物ところてん」…この辺の地名が「八十八(やそば)」なのかなぁ?それともやっぱり四国八十八ヶ所にかけているのか?

 

f:id:izumislife:20161207165340j:plain

創業二百余年の清水屋。ところてん好きなので、お昼に通ったら絶対食べてたと思う!残念なりー。

 

そして朝7時半、まずは79番に…着いた…はずなんだけど?あれ?

f:id:izumislife:20161207165912j:plain

これ…これじゃないよね。これ神社だし…思いっきり狛犬いるし。天皇寺はどこ??

 

f:id:izumislife:20161207170043j:plain

まっすぐ正面まで来てみる。鳥居!しかも3つ…やっぱりここ神社じゃないかぁ!天皇寺マジどこ…

 

とキョロキョロする。ちなみに上の上の写真でオレンジのリュック背負ってるおじさんも天皇寺が分からずキョロキョロしていた。うろうろしているうちに「本堂→」の目印を発見。鳥居から入って左奥にあるらしい。このお寺、どこに何があるか本当に分かりづらいです(この後入ってきたご夫婦遍路もやっぱり迷ってた)

 

f:id:izumislife:20161207171226j:plain

ちなみにこの79番、ガイドブックでもネットでも普通に「天皇寺」ってなってるのに、公式地図には「高照院」って書いてあるから分かりにくいんだよね…なんでだろう?

 

f:id:izumislife:20161207171336j:plain

天皇寺に隣接する神社は「白峯宮」というそうです。崇徳天皇を祀ってあるのかな?崇徳天皇に関してはまた後で。この珍しい鳥居は「三輪(みわ)鳥居」と言って、瓦葺にして格式を高めた鳥居だそうです。

 

本堂にお参りしていると、お揃いの紫色の作務衣を着たおばちゃん達がワイワイぞろぞろとやってきて、場所がどうだ並びがどうだとひとしきり騒いだ後、声を揃えて変なお経を読み始めた。私が撮った動画を載せておくので、誰かこれが何の団体なのか知ってる人は教えてください!


崇徳天皇にビビりながら登頂

79番天皇寺を打ち終わり、次の80番国分寺…ではなく、81番白峯寺を目指す。しばらく平地を歩いたあと、白峯寺に登る坂道が始まった(まだ車道です)。

f:id:izumislife:20161207172823j:plain

上り坂の始まり付近にある案内図。ちなみに「五色台」というのは、今から登る「白峰」、82番のある「青峰」を含め、この辺にある5つの峰にそれぞれ色の名前がつけられているので「五色台」というそうです。詳しくはこちらをどうぞ!

 

f:id:izumislife:20161207173429j:plain

同じく、山の麓にある真言宗の「観音寺」、奥には神社の鳥居が…と思ったら…

 

f:id:izumislife:20161207173839j:plain

ちちち血の宮???((((;゚Д゚)))) 

 

今調べたら、こういう事らしいっす← いやもう怖いわ、崇徳天皇怖すぎるわ…

 

f:id:izumislife:20161207174059j:plain

そんな私を癒してくれたのは、遍路道標石にいたカタツムリちゃん!かーわいいねぇもうー(*´ω`*)…

 

食べちゃおっかな!(実際カタツムリ好物です…スペインでね、普通に食べます)

 

その後もずっと緩やかに上る車道を歩きます。幸い雨は降りそうで降らず。

f:id:izumislife:20161207174248j:plain

ずっと左側に景色が見える山道(車道)で気持ちがいい。ついつい鼻歌が出ます♪(実際は鼻歌レベルじゃない程絶叫して歌ってたりする…)

 

f:id:izumislife:20161207175023j:plain

こんな感じの車道を歩きます。今見たらけっこう左側怖いかも!でもこの日はほとんど車の通行がなかったんです…なぜなら

 

この車道を歩いてる最中、ところどころに「9月20日に上陸した台風16号の影響で白峯寺根香寺間の県道180号線が通行禁止となっております」という注意書きの看板があったんです。9月20日の台風と言えば…私と中山さんが1日ホテルに缶詰めになった例の台風じゃあないか!あれからほぼ1ヶ月経つのにまだ通行止めが解除されないほど強力な台風だったらしい。だけどそのせいで車の通行がほとんどなく、歩きやすかった!

 

私がルンルン歩いていると、通行止めの看板を設置している業者っぽいおじさんが私を見て、ニヤニヤしながら声をかけてきた。

 

「この先は通行止めだよ。白峯寺までは行けるけど、根香寺に行くんだったら1回下りて大回りしないと行けないよ」

 

え?確か車道は通行止めでも、山道は通行可能なので歩き遍路には関係ないはず。実際、前日中山さんも私と同じルートで行って問題なかったし。そこで

 

「いえ、私は歩き遍路なので関係ないんですよ。白峯寺から根香寺までは山道を行くので…」と言うと、さっきまでニヤニヤしてたくせに急に「あっそう」とそっぽを向き車の方に行ってしまった…なんだよ。私が「ええー!マジですかぁ~どうしよう~(´;ω;`)」とか困る顔が見たかったのかな…意地悪な奴!

 

気を取り直して歩いていると、前を行くお遍路さん!声をかけてみると、なんと珍しい(私もだけど)女性1人の歩き遍路さんだった!でもお年はかなり上、しかも週末や連休だけの区切り打ちらしい。ピンクのニットカバーがついた金剛杖(女性らしい♡)と登山用のトレッキングポールの2本使いで登っていらっしゃる…

 

あ、それいいね!と思った。以前も書きましたが、山登りでは杖が2本あるとすごーく便利なのです。でも80番まで来て知るとはなぁ…もっと早く知りたかったぜ!!(゚Д゚)ノ

 

少し世間話をして「私ペースが遅いから、先行って!」と言われ「じゃあ、先に行ってます!」と別れた。

 

しばらく歩くと、車道から逸れ歩き遍路用の道があるのでそっちに入る。

f:id:izumislife:20161208035233j:plain

ここから白峰寺までたったの1km!早い!

 

f:id:izumislife:20161208035544j:plain

階段の始まり。ここから白峯寺までは基本ずっと階段です。山道よりはいいけど、キツイ。

 

f:id:izumislife:20161208035659j:plain

この階段が前日の雨と湿気と苔でめちゃめちゃ滑りやすくなっていて、上りだった私は何とか大丈夫だったけど、下りてきたおばさんが2回くらいこけてた…雨の日はちょっと危険な階段です。

 

f:id:izumislife:20161208040156j:plain

白峯寺の少し手前にある、崇徳上皇のお墓である「白峰御陵」。今回のことで少し崇徳上皇について調べましたが…めっちゃ怖いですやん((((;゚Д゚)))) 今も昔も、天皇の暮らしってきっとストレス多いよね…一般ピーポーで良かったぁ…

 

干支が可愛い白峯寺

そんなこんなで9時半過ぎに81番白峯寺に到着!

f:id:izumislife:20161208040756j:plain

ちなみに白峯寺の標高は350m、そんなに高くない。でも木が高いからすごく高いところにあるような気がしてしまうお寺だ。

 

f:id:izumislife:20161208115245j:plain

長い階段があって、その途中途中に「○○年生まれの人の守護本尊はこれ!」みたいなことが書いてある。ちなみに私は午年の女38歳(2016年現在)よろぴこ。

 

f:id:izumislife:20161208115709j:plain午年発見!勢至菩薩…?ふぅーん。

 

f:id:izumislife:20161208120400j:plain

や、やばい!犬可愛い!!イノシシも可愛い!!

 

他の干支の像もいくつか見たけど、どれも可愛かったです。全部写真撮るとウザちゃんになっちゃうと思って撮らなかったけど、今考えたら撮っときゃよかったなぁ…

f:id:izumislife:20161208120521j:plain

大きさといい、トサカの彩色といい、酉だけが妙にリアルだった。

 

他にもこんな風景や

f:id:izumislife:20161208120922j:plain

たぶん大師堂…だったと思う。

 

お寺なのになぜかある狛犬とか

f:id:izumislife:20161208121221j:plain

たぶんさっき通った崇徳上皇のお墓、白峰御陵を守っていると思われ。ご苦労様です!

 

白峯寺は全体的にすごく緑が多くてきれいなお寺でした。もっと後で行けばきっと紅葉がきれいだったんだろうなー。

f:id:izumislife:20161208121826j:plain

お寺を出ようとするとこんな看板が…嬉しいな!まぁ…終わりまであともう少しだけどね!

 

猪ノーセンキュー

さて、白峯寺を出て次の82番根香寺(ねごろじ)までは前述のとおり山道を行きます。

f:id:izumislife:20161208122559j:plain

前日の雨もあってジメッとしてる…滑らなきゃいいけど…

 

と、歩き出してすぐこの表示…

f:id:izumislife:20161208123018j:plain

イノシシ出没しています!!!

 

うぅーー…だから山は嫌いなんだ。こんな山奥でイノシシに会ったら心臓止まるし!!突進なんてされたらもう死ぬし!!!注意書きには

 

もしイノシシに出会ってしまったら?

  1. 何もせずに放っておきましょう。餌やり厳禁。(←餌なんてやる人いるの??)
  2. ゆっくりと後退し、静かにその場を立ち去りましょう。(←ってことはお遍路中断…そっちの方が痛いなぁ…)
  3. 決して威嚇したり、追い払おうとしないでください。(←こっちが威嚇しなくても、出会った瞬間突進してきたらどうすればいいんだろう?)

 

とある…これでいっきに、根香寺までの山歩きが憂鬱になってしまった。

f:id:izumislife:20161208124151j:plain

今にもイノシシが出るかもしれないと思うと途端にめちゃめちゃ恐くなりませんか?この道…

 

しばらく行くと、奥に古い石碑が建っている小さな広場に出た。

f:id:izumislife:20161208124407j:plain

これは!ルート計画を立てるため先人のブログを色々見ていたときに見た例のやつだ!実物を見てちょっと感動。けっこうデカいんです。

 

右の小屋に入ってる方は1321年に建てられた摩尼輪塔(まにりんとう)と呼ばれるもので白峯寺という聖地に近づいたことを示し、左の石碑は1836年に建てられ、「下乗」つまり「この先はどんなに高貴な者でも乗り物から降りて自分の足で歩きなさい」という意味らしいです。

f:id:izumislife:20161208125206j:plain

近くの掲示板に詳しい解説がのってました。昔の人はここまで馬で来たのかなぁ…妄想が広がる。

 

イノシシが怖いのでiPhoneに入れてる音楽を大音量で聞く、聞きながら歌う…これで向こうから逃げてくれればいいけど。まさかシンデレラじゃあるまいし、歌ってたら動物がわんさか寄ってくるってことはないだろうからね…

 

山の中で一人カラオケってると、突然前にお遍路さんの夫婦(60代くらい)が現れた。(というか足元見ながら歌ってたので前にいたのに全然気がつかなかった…恥ずかしい)2人も私と同じく、白峯寺から根香寺へ向かっているのだが、道が分からないという。「公式地図を見るとこの辺りにあっちの方角の道があるはずなのに見当たらない」とご主人さん。

 

私は正直、山の中に入ると地図をほとんど見ない。なぜなら山ではほとんど1本道だし、二又に分かれているところはほぼ必ず「遍路道→」の表示があるから、地図を見る必要がないのだ。なのでこの時も「たぶんまだ真っすぐでいいんじゃないスかね~」と適当に答えた。

 

たぶん毎回ご主人が地図できちんきちんと道を確認しながら進んでおられるのだろうが…正直今回の遍路で思ったけど、公式地図信用しすぎちゃダメ!精度そんなに良くないから…(´・ω・`) そして実際まっすぐ行くとすぐに「根香寺→」の道標があったのでした。めでたしめでたし。

 

f:id:izumislife:20161208131735j:plain

全体的にこういうジメッとした道でした。真ん中はヌルっとして歩きにくい。

 

f:id:izumislife:20161208132342j:plain

昔は陸軍用地だったらしい…いや、今でもかな?近くに自衛隊の演習場があるし。こんなとこで訓練とかヤダよぅ…戦時中の男に生まれなくて本当によかった(´;ω;`)

 

根香寺手前でカウンセリング

しばらく行くと、たくさんベンチが並ぶ少し大きめの広場に出た。

f:id:izumislife:20161208172846j:plain

なんか野外授業でも始まりそうなイスの並びだ。

 

f:id:izumislife:20161208173133j:plain

並んだイスの正面にはけっこう大きなお地蔵様が。なるほど…こっちが先生か。

 

なるほど、この場所が看板の地図にも出てきてた「十九丁」か!

f:id:izumislife:20161208173046j:plain

80番を飛ばして79→81番に進むルートは江戸時代後半にできたらしいです。十九丁は2090m、つまり約2.1km。ここから根香寺まで十九丁ってことなんですね。

 

十九丁から10分ちょっとで、山道からアスファルトの車道に出ました。

f:id:izumislife:20161208173802j:plain

お食事・喫茶のみち草。ネーミングがもう好き!でも看板の横「喫食ち」って何かと思ったよ…縦読みね。

 

そしてまた山道へ。

f:id:izumislife:20161208174721j:plain

4ヶ国語で書かれた道標。これいいね!遍路中、けっこう「これ重要!」っていう道標が日本語オンリーで書かれてて、これ外国人は道に迷っちゃうだろうなーと心配になった。これから増えてくといいなぁ。

 

f:id:izumislife:20161208175222j:plain

根香寺近くの山道は整備されててけっこう歩きやすかったです。

 

山道の途中に休憩所があり、ノジュカーのお遍路さんが1人座っていた。

f:id:izumislife:20161208175637j:plain

けっこうちゃんとした休憩所。奥には中で泊まれる小屋もある。

 

プラケースの中には子供たちがお小遣いで買ったという、お接待のお菓子がたくさん入っていた!感動して「じゃあちょっと頂こう~♪」とお菓子を選び(いかにも子供が好きそうなお菓子で正直おばちゃんの私には甘すぎるやつばかりだったが、気持ちが嬉しいじゃあないの!)ハーブティーも頂こうと、紙コップを構えてボタンを押すも…スカッ!空っぽだった!

 

大きな野宿リュックから食パンを取り出し、スライスチーズを挟んで食べているノジュカー遍路さんに声をかけてみた。順打ちだそうで、私と同じくもうすぐ結願だ。「順打ちなんだ!今まで全然会いませんでしたね~(たぶん私が香川に入ってペースを上げたので追いついたと思われる)」と言うと「俺急いでるから。早く結願して、会って許しを請わないといけない人いるから」と言う。

 

なんだか事情がありそうだ。少しずつ話を聞き出してみると、Mさん(名前をMさんとする)は奥さんと子供4人がいるお父さんで、奥さんに手を出してしまい(簡単に言うとDV)離婚危機にあるらしい。奥さんが出ていってからは子供に会わせてもらえず、今回の遍路は許しを請うための、子供に会うための反省の旅なのだと言う。

 

最初は軽い世間話から始まったのに(Mさんも途中でマジッドや懐かしのハイ真島ことSさんに会ったらしい。やっぱりノジュカーはノジュカー同士、会う確率が高いんだなぁ)すんごい深い人生の話にまで発展しちゃって、私も自分の小さい頃の話をしたりとか自信に関する話をしたりとかで、結局1時間弱そこにとどまってしまった!!けっこうなタイムロス。今日83番まで間に合うかな…

 

Mさんが奥さんとよりを戻して再び殴らなくなることを祈りつつ(まぁ難しいだろうけど…)先を急ぐ。休憩所から根香寺はすぐだった!12時19分、82番根香寺に到着!

f:id:izumislife:20161209041235j:plain

お昼過ぎから晴れてきました!やったね!

 

根香寺は山門入ってすぐ、一度階段を下りてまた上がる場所があり(なぜ!)そこの緑の木々がすっごいきれいでした。

f:id:izumislife:20161209041816j:plain

これ紅葉するのかなぁ?紅葉したらここすっごいきれいだと思う。

 

あとは、久しぶりに見た修験道の元祖、役行者の石像があったりとか

f:id:izumislife:20161209042540j:plain

右足元の鬼が「この人、すごい人なんだかだな!オラ知ってんだかだな!」って言ってる、私の中では。

 

役小角に関して面白い記事があったのでご紹介。ほんとに空飛んだのかなー。

www.youkaiwiki.com

 

それから本堂の奥にはコの字型の回廊があって、そこに(もう見慣れた)万体観音堂があったり

f:id:izumislife:20161209043255j:plain

「○○県」とか書いてあるので、全国からお布施されてるのが分かります。慣れたとはいえ、やっぱりずっといたい所じゃないね。

 

枯れてしまった欅を祀ってある場所があったりします。

f:id:izumislife:20161209043602j:plain

パッと見じゃあ、枯れてるのか生きてるのか分からないもんだね。幹だけ見ると。

 

f:id:izumislife:20161209043651j:plain

1600年かぁ…寿命だったのかな?

 

千円もらって急いで下山

さて、根香寺を出たのが午後1時前、国分寺行って一宮寺行ったらたぶん5時ギリギリだ!ということで急ぎ足で出発。

f:id:izumislife:20161209044439j:plain

根香寺を出て中山休憩所の前にあった地図。さっき通った十九丁から左へ曲がって下山。まずは一本松を目指す。

 

根香寺を出たところの山道で、あの女性1人遍路さんと再会!「お疲れ様です~もう少しですよ、根香寺!」と声をかけると「ちょっと待って、ハイ、これあげる!」となんと千円を手渡された。

 

「えええ!!!いやいやいや、なんでですか!お互い遍路なんだから、ダメですよ、貰えませんよ!」と言うと、おばさんはニッコリ笑いながら「大丈夫、私、お金持ちだから」とおっしゃった。

 

「あ、じゃあ…ありがとうございます!」と受け取る。お遍路さんからお接待を頂いてしまった。しかし「大丈夫、私金持ちだから」ってなんかド直球でパワフルな言葉だよなぁ。英語で言うと「Don't worry, I'm rich」だぜ。あ、なぜか今トランプさんが浮かんでしまった。あの人は…安心できないけど!笑

 

千円もらいルンルンしながら先を急ぐ。十九丁から一本松を通る山道は長く、しかもけっこう急勾配の坂道で、この道を登らなくてよかった…と思った。絶対79番→81番の道の方が楽。そりゃ江戸後期からそっちの道になるはずだわ。

f:id:izumislife:20161209044914j:plain

一本松ってこれらしい…松ないんですけどぉ!??地図の看板に松の絵描いてあったよね?紛らわしい!ヽ(`Д´)ノ

 

f:id:izumislife:20161209045354j:plain

ぐんぐん下ります。国分寺町が見えてくる。やっぱりため池が多いのね香川。

 

f:id:izumislife:20161209045613j:plain

下まで来た!もうすっかり晴れました。

 

そして午後2時半、80番国分寺に到着!

f:id:izumislife:20161209045734j:plain

けっこう立派なお寺でびっくり!聞いてないよ!!(調べてないだけ)

 

この国分寺がけっこう広くて見るものもたくさん!

f:id:izumislife:20161209050517j:plain

山門入って本格的に境内に入るまでの道がまずこれだもの。美しいわ~。

 

f:id:izumislife:20161209050558j:plain

お遍路さんが似合うお寺です。ちょっとポストカードみたいな写真撮れた!よね?よね?

 

f:id:izumislife:20161209051326j:plain

四国のお寺にちょいちょい祀られていた七福神。私の中で七福神仏教って結びついてなかったんですけど、真言宗だとルーツがインドで一緒ってことなんですかねぇ…?

 

広い境内に見たいものはたくさんあったんだけど、時間がないので泣く泣くパス。さっさとお経読んで納経して、次の寺に向かいました!

f:id:izumislife:20161209072125j:plain

一宮寺まで本当に急いでたので全然写真撮ってないんですが、この時だけ雲がライオンっぽい!と思って撮りました。ちなみに8月生まれの獅子座です。

 

一宮寺である決心

そして本日最後のお寺、83番一宮寺(いちのみやじ)に着いたのは午後4時48分。こんなにギリギリに着いたのは初めて!

f:id:izumislife:20161209072603j:plain

急いで手を洗い、まずは納経所に行く…本当は本堂と大師堂でお経を読んでから最後に納経するのが基本です。でもまあ、そこは臨機応変にね。

 

なぜなら私が到着したのと同時にバスツアーの団体遍路さんが2組も入って来たからです。これはヤバイ。これはもう真っ先に納経所。ガイドとまた喧嘩したくないし。

f:id:izumislife:20161209073048j:plain

なんとか団体さんより先に納経を済ませて、お経を読み終わった時点でちょうど5時になった。でも団体さんはまだお経読んでるし、そんなにピッタリ閉まらないんだね…お寺によるとは思うけど。

 

山門前でセルフィー撮るのを恒例にしているので正門前に行くも、またまたちょうど出てくる団体さんと被る私。人がぞろぞろ出入りしてるので撮れない。仕方なく待つ…まぁこれが今日最後のお寺だから別にいいけどね。

 

1つの団体が大体出ていって、よし撮ろう…と思ったらもう1個の団体さんも出てき始めた。もーーー!!!(。-`ω-) 仕方ないので待つ。と、団体さんの1人に「写真撮ってもらっていいですか?」と頼まれ「いいですよ」と撮ってあげたら、次から次へと「私も私も」と、もう団体専門のカメラマンじゃないんだから私!!

 

と思ったけど、人の役に立つのは嫌いじゃないからにこやかに対応。2番目の団体さんは私の両親もよく利用する阪急交通社で(バッジで分かった)逆打ちだから今日が初日らしい。だから皆なんか初々しいんだね~。私の両親も、今回私がお遍路したのをきっかけに興味を持ったらしく「バスツアーでお遍路したいね~」なんて言ってるから、団体遍路さん自体は別に嫌いじゃない。というか逆に微笑ましかったりする。

 

私に「歩いてるの?逆打ち?」と聞いてくるので「順打ちでずっと歩いてきて、あさって結願です!」と言うとすっごく驚いていた。ちょっと快感(*´ω`*) バス遍路や車遍路しかしたことない人にしてみれば「うそー!無理ー!」ってな感じなんだろうが、歩き遍路の中にはそれはまたそれでランク付けがある(野宿組とかリピーターとか)という不思議な世界…あんまどっぷり浸からんようにしとこ…(´・ω・`)

 

やっと団体さんがいなくなって、一人で記念撮影。

f:id:izumislife:20161209074553j:plain

この正門って確かにものすごく記念撮影に適した正門だw だからか!

 

すると、横で「あ~、待ってたんですね」と声がした。バイク遍路(というかカブ遍路)の若者がさっきから人の写真ばかり撮ってあげてる私を「なんで?」と不思議に思い見てたらしい。遍路中に会ったカブ遍路2人目(1人目は松山の繁多寺で会いました)だ。しばらく話をしながら(逆打ちでこの日が初日だったらしい)カブを拝見。このお遍路のために中古で購入したという緑カブ。あああ懐かしい。

 

実は私、20代の頃たったの1年だけだけどスーパーカブライダーだったんです。その1年間で3回転んで(3回とも特に何もないところで転んだ)「これは運転の才能がないな」と思ってやめたんですけど…でもすっごい好きだったんです、スーパーカブ!!

 

今だったらもっと慎重に運転できる気がする(ほんとかよ!!)…なので次にもし、もしお遍路をすることがあればその時はカブで…と心に決めました。(もうハマってんのかなこれ…遍路病?)

 

ネイト氏と再会

一宮寺から徒歩10分の一宮駅から終点の高松築港駅まで電車に乗ります。もう乗り物って楽すぎ!

 

電車の中からネイトにメッセージを送る。「今高松のゲストハウスに向かってるよ!今日、何時にどこで会う?」そう、この日は高松でネイトと晩ごはんを食べることにしていたのです。私より1日先を行っていたネイトですが、この日は高松で再び「休みDAY」を取っていたのでした(休憩というより観光のため)。

 

7時に商店街で会うことにして、まずは今日の宿「高松ゲストハウスBJステーション」に向かう。高松築港駅から出た途端…人多い!ビル高い!なにここ、都会!!高松は思ったより都会でした…

 

BJステーションはいかにも外国人の若い観光客が泊まりそうな今風のゲストハウスで、なかなかキレイです。しかも女性専用ドミトリーは中に専用のシャワーと洗面台があるし(どちらも清潔綺麗!)ドライヤーもあるし、ベッドは上下2段のまるでカプセルホテルのような作りで(カプセルホテルに泊まったことないから憧れていた!小さいころ押入れで寝るのが好きだったので狭いところは落ち着くんです…)私的にはすごーくいいゲストハウスでした!

f:id:izumislife:20161209081443j:plain

私のベッド。シーツ2枚と枕カバーは新しいのを貰って自分でセッティングします。奥にセーフティーBOXあり。カーテンも閉められます。

 

f:id:izumislife:20161209081650j:plain

下の段はこんな感じ。私がこれ撮った時は誰もいなかったけど、最終的に全部埋まった。狭い場所でも平気、というか割と好きという性格は旅行において得してると感じる。虫と古いのはダメだけどな。

 

ネイト氏と商店街で待ち合わせて再会。うどん屋さんに入って、お互い別々に歩いてるときにあったことや、これから結願したらどうするか、などを話しながらうどんを食べた。

f:id:izumislife:20161209082455j:plain

肉しゃぶうどん。美味しかったです。注文を取りに来てくれたバイトの子が外国人(東南アジアかインド系)で、ネイトと2人で片言の日本語でやり取りしてる様が可愛かった。

 

この日ネイトと別れるとき、ネイトが「もしかしたらこれが最後になるかもしれないから」と言ってハグをしてくれた。お互い同じ日に結願するとはいえ、翌日の予定が私は86番まで、ネイトは87番までだったので会わないだろうと思ったからだ。しかし結末は違いました。それは2日後のお楽しみ~♪

 

まとめ

この日の山登りは(ルートを変更したおかげで)心配していたほどきつくなかったし、雨も結局ちょっとしか降らなかったので滑ったりもなく、本当に良かったです。一番怖かったのはイノシシと崇徳天皇の「血の宮」かも…( ゚Д゚)ヒィー

 

これから歩き遍路に出られる方のための注意点

  1. 79番天皇寺(高照院)は、中がちょっと分かり辛いです。特徴的な3つの鳥居のところまで来て、神社を正面(鳥居を背面)にして左奥に本堂・大師堂、右奥に納経所です。
  2. 79番のあとは80番を飛ばして81番に行くルートの方が実は楽です。順番は79→81→82→80→83となります。山登りしたい人以外はこのルートで行くのがよろしいかと!
  3. 81番から82番までは山道です。へんろみち保存協力会の公式地図はあまり精度が良くないので、方向などは地図を信じすぎず、現地の道標を頼りに行きましょう。
  4. 私はこの日高松駅近くのゲストハウスに泊まったんですが、83番一宮寺近くにある「天然温泉きらら」がオススメみたいです。他のお遍路さん数人から聞きました!

 

以上!明日(の分のブログ。アップは明日はお休みします!)はいよいよ結願前日、87番まで行きます。そして、イケメンお坊さんとの出会いも…あったりして♡きゃ!

 

ではではー☆ たにょおげっすむにだ(韓国語で「行ってきます」)(*´ω`*)