読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四国歩き遍路 女一人旅 in 2016

1978年生まれの38歳、独身。ソウル→バルセロナ在住を経て現在日本に帰国中。2016年9月から念願だったお遍路さんに行ってまいります!うるう年ですが初挑戦なので順打ちで行います。

四国歩き遍路中の私のマメ対策!そして恐怖の足底筋膜炎!

準備・持ち物

おす!izumiです!

 

歩き遍路をする上でのトラブルはいくつも、そういくつも!ありますが…

 

その中でもまだ遍路を始めてない者を確実に恐怖に陥れているであろうものがそう…

 

足のマメ!!!

 

私も御多分に漏れず、遍路を始める前は足のマメに恐れおののいていました。

 

しかし、案ずるより産むが易し。どうせマメは絶対にできます。マメが全くできない人もいると聞いたけど、私が道中会った遍路は皆できてました。マメのケアの仕方も人それぞれだと思います(というか試行錯誤しながら自分なりのやり方を開発していく感じ?)

 

なので私のやり方が参考になる人、ならない人いると思いますが、一応書いてみようと思います!

 

靴、靴下、インソール選び

マメを予防するにはもちろん靴選びがすごく重要です。とはいえ、私も色んなスニーカーを履いて遍路を回ったわけではないので、比較したうえで「これが一番!」なんてことは言えません。あくまで私が使ったものの感想を述べたいと思います。

 

  • スニーカー(SALOMON(サロモン) XA PRO 3D)

持ち物紹介【1】でも書いたんですが、最初は普段履いているadidasのランニングシューズで行こうとしていたんですが、先人たちのブログを見て思い直し、↓のブログでオススメされていたサロモンのスニーカーを購入しました。

色はこのグレー&ブルー。 

 

サロモンのシューズは防水のゴアテックスと、汗を通すメッシュタイプがあるのですが、私は足の裏に汗をかきやすいのでメッシュタイプにしました。そのせいで雨の日はもう遠慮なく水がジャボジャボと靴の中に入ってきてマメができまくりだったんですが、今でもメッシュタイプにしてよかったと思ってます。

 

なぜなら、やっぱりゴアテックスタイプは重い。そして雨の日はいいけど晴れの日は汗がこもりやすい(と思う。履いたことないから分かんないけど)。私がお遍路始めた9月は台風は来るは大雨は降るわで雨続きだったんですが、40日間を振り返るともちろん晴れの日の方が圧倒的に多いわけです。なのでやっぱり軽くて通気性の良いメッシュの方がいいと思います。

 

遍路中、サロモンのスニーカーにして良かったと思ったことのひとつが「クイックシューレース」というもの。これがチョ~~~~~便利!

www.youtube.com

山道を歩いてる時はキュッとしめて、平坦な道を歩くときには緩めて、それがものすごく簡単にできます。歩きながら「締めすぎたな」とか「緩すぎた」と思ったら調節するのも数秒でできます。これが普通の紐で結ぶスニーカーだとそうはいきません。もうこれから履くスニーカー全部このクイックシューレースにしたい。うん。

 

でも今ならサンダルをもう1足持って行くと思います。持ち物紹介【4】でも書いたんですが、chacoかtevaのサンダルを買って、平坦な道を歩くときや雨の日はサンダル、山道や足裏が痛いときはサロモンにすると思う。

 

あと重要なのが、やっぱり履きなれていることです。私は1週間前に急に決めて遍路に出たのでスニーカーを履きならす時間がなかったのですが、できれば数ヶ月前からメインのスニーカーにして履きならしておくことが大事だと思います!

 

  • インソール(SUPER feet [ TRIM FIT BERRY ] )

ネットの色んなページで超絶オススメされている「スーパーフィート」インソール。確かにすごいです。歩き遍路さんは足裏がジンジンと痺れる「足底筋膜炎」になりやすいと思うのですが、このスーパーフィートのインソールを使えばかなり足底筋膜炎になりにくくしてくれると思います(それでもなる時はなると思うけど)。

 

ただ、このスーパーフィートインソール、かなり厚みがあります。なので実際自分が履くスニーカーに入れて試着してみることが重要です!私はスニーカーを買った時に一緒に購入したのですが、スニーカーの試着だけしてその後インソールを買い足し、その場で最初に付属していたインソールと交換してもらっただけだったので、インソールを入れて試着しませんでした。

 

そのため、実際に履いたとき「試着した時よりキツイ…」と感じていたのにそのまま歩き続けてしまい、小指の爪周辺が圧迫され、マメができ、つぶれ、化膿し、病院に行くハメになりました。(ちなみに両方の小指の爪は下から新しいのが生えてきた後、古いのは剥がれ落ちました…)

 

予備として持っていた付属のインソールに再度交換し、スーパーフィートは家に送り返したのですが、付属のインソールに替えたことで小指への圧迫は減ったものの、すぐに足裏のジンジンが始まりました。スーパーフィートがどれだけ足裏への刺激を吸収してくれていたか…ということです。

 

ちなみに遍路最後の方ではサロモンスニーカーもだいぶ履きならされてサイズにも余裕が出て、家に帰って送り返していたスーパーフィートに入れ替えて履いてみたらピッタリでした。遍路が終わって1ヶ月近く足底筋膜炎に悩まされたので、最初から履きなれたスニーカー+スーパーフィートで行っていれば(もしくはワンサイズ大きいスニーカー+スーパーフィート。でもそれだと履きなれた頃にはけっこうぶかぶかになるかも)と悔やまれました。

 

  • 靴下(CROSS PRO トレッキングソックス)

 

これも他の靴下と履き比べたわけじゃないので、これが最高だとは言えないのですが、やっぱり登山専用の靴下にして良かったと思います。厚みがあってすぐ乾くし、たぶんたくさん助けられたと思う。そして2足持っていくことが大事。雨の日に靴の中が濡れた時、途中で交換することができるので。マメ予防に役立ちます。 

 

ちなみに、5本指ソックスとの2枚履きがマメ予防にいいと聞いて5本指ソックスも買って持っていったんですが、普段から5本指ソックスを履きなれてないのと、ただでさえ分厚いインソールで小指が圧迫されて痛いのに、そこに分厚い靴下2枚履きはどう考えても良くないと思い、5本指ソックスは結局使わず途中で捨ててしまいました。先人のブログを見ると「マメ予防にすごく良い」と書いている方もけっこういるので、人によるんだと思います。

 

マメ予防

  • テーピング or 絆創膏

まず、私は足の裏にはあまりマメはできないタイプで、どちらかというと足の指の腹に次々とできるタイプ。初日はマメ防止に足指10本全部にテーピングを巻いていたので大丈夫だったんですが、2日目は油断して小指にしか巻いてなかったので早速マメが4個できました。

 

なのでマメ予防にはテーピング、または絆創膏を最初から巻いておくことです。テーピングの方が広い範囲を1回でカバーできるので便利なのですが、歩いてるうちに端っこがめくれてくることがあったり、テーピング=はさみを持ってないといけないので荷物になります。絆創膏ならどのコンビニにも売ってるので、最初は大量消費することになりますが私は今だったら絆創膏だけで行くと思います。

 

でも絆創膏巻いてたら大丈夫かっていうとそうでもないんだな…よほど履きなれたスニーカーじゃないと最初はどうしても靴に足が慣れるまで圧迫されてマメはできるし、あとは雨!雨で靴の中が濡れると絆創膏しててもマメができたり、絆創膏でカバーしきれなかった部分にマメができたり…

 

とにかくマメはいつかは絶対にできるものなので、できても恐れないこと。その後の対処法が大事です。

 

  • ワセリン

私はリップクリーム代わりにいつもワセリンを携帯してるのですが、ネットでマメ予防にワセリンがいいというのを見て、だいぶマメも皮が硬くなってきて「絆創膏いらないかな?」って時に念のため塗ってました。なので、本当にマメ予防になったかどうかは実は分かりません!

 

マメ治療

さて、いよいよマメ治療です。ここまで色々とマメ予防について語ってきましたが、できるときはできます!ってか、歩き遍路しててマメがひとつもできないなんて逆にもったいないぜ!マメができて一人前。ウェルカム遍路の世界へ!って感じなので、あなたも「早くおマメさんできないかな~♡」くらいな心構えでいましょう!

 

  • すぐ対処!

まず歩いてる時に「なんか違和感…」と思ったらたぶんもうマメできかけてます。すぐに止まって(すぐに!道端でも遠慮なく座って!休憩所まで待たない)靴と靴下を脱ぎ、絆創膏またはテーピングを貼りましょう。

 

  • 水膨れマメの対処法

これはあくまで私の対処法です。ネットでは「水膨れに糸を通して、水を蒸発させる」的な方法をされてる方もいてけっこう良さそうに見える。行く前に知ってればその方法も試したかもしれないけど知らなかったので、普通に針とはさみを使って対処してました。

 

まず水膨れは潰さずそのままお風呂に入った後、針で穴をあけて水を出します。潰す派、潰さない派いるけど、私は「中の膿はなるべく出した方がいい」と聞きました。海を出したら化膿止めの軟膏を塗って絆創膏を貼って寝る。

 

次の日の朝、絆創膏がずれてなければそのまま靴下履いて(ずれてたら新しくして)出発。その日の夜もまたお風呂後にマメ対処。昨日穴をあけて膿を出したのに絶対また膿が溜まってるから、今度は水膨れで膨れた皮を持ち上げて、はさみで先っぽをチョキンして小さな穴をあけ、膿を出す。化膿止め軟膏を塗って絆創膏。

 

次の日の夜も同じくお風呂上りにマメ対処。昨日はさみで穴をあけたところの皮がデローンとなってきてたら、またハサミでちょっと穴を大きくする。化膿止め軟膏+絆創膏。

 

これを繰り返しているうちに、下から皮が出来てきて絆創膏いらなくなってきます(心配ならそこにワセリンを塗ったりする)。

 

これだけ!そのうち足指の皮が硬くなって、マメが全然できなくなります。

 

私が思う重要ポイントは、①化膿止め軟膏を絶対塗る、②膿は出せるだけ出す、③穴は少しずつ広げる(下に皮ができてない状態でよれよれ皮をはがすと痛い)、④その代わり下に皮ができてきて、元の皮が邪魔っぽくなってきたらすぐハサミでトリミングする。

 

以上です!マキロンとかあればもっといいかもしれないけど、流水できれいに洗って化膿止め軟膏、で全然大丈夫な気がする。

 

 私が遍路に行く前に「マメ 早く 治す」などの検索用語で調べた結果、昔のように「マメができたら水を抜いて早く乾燥させて治す!」というのはもう古く、最近はキズパワーパッドなどのハイドロコロイド絆創膏を使った湿潤療法という方法で治すのが新しい!という情報を目にしたため、けっこういいお値段する「ニチバン絆創膏 ケアリーブ 治す力」を買いました。

zatusoku.com

 

遍路2日目にマメができたので早速ネットで見た通り、消毒液や化膿止め軟膏は使わず(持っていってなかったけど)流水できれいに洗い、水気を拭き取ってケアリーブ絆創膏でマメを覆うということをしていました。

 

しかしこのハイドロコロイド絆創膏、けっこう粘着力が強く、はがす時にマメの水膨れでよれよれになった皮が一緒にはがされてしまうんです…

 

そこにまた粘着力の高いハイドロコロイド絆創膏を貼ると、次にはがす時けっこう痛い…というか粘着物質がちょっと皮膚に残ったりしている…これって、いいの??と疑問に思いました。全く治っているような感じもないし…

 

それよりもやばかったのが、小指の爪周辺のマメ。3日目にはすでにマメ周辺が赤痒くなっており、必死に流水で綺麗に洗ってハイドロコロイド絆創膏を貼るも一向に良くなる様子がない…というか悪化する一方。

 

6日目の途中、あまりの痛みに「これはどう考えてもおかしい」と、リタイア覚悟でその辺の皮膚科に飛び込みました。私の小指を見て先生は一言

 

「ひょう疽ですね~」

 

ああ、やっぱり。ひょう疽とは「手足の爪周辺の小さな傷から菌などが入り込み、腫れてしまう皮膚病のこと」です。やっぱり細菌感染してたんだ。(←っていうか、赤痒くなってる時点で気づけよ)

 

先生に「このキズパワーパッド絶対やめてね~、真空空間で細菌培養してることになるからね~」と言われて、やっぱり素人がネットで見た情報を信じて勝手に治療してしまうことの危険性を感じました。遍路終わった後だったけど、例のWelq問題もあったしね。ちゃんと専門家に相談しましょう。

 

というわけで、私も専門家じゃないので「湿潤療法は絶対ダメ!」とは言えないのですが、やる場合は逆に悪化させてしまう場合もあるので自己責任で十分に気をつけてやって下さい。個人的には昔ながらの乾燥療法で全然治るし、ハイドロコロイド絆創膏は値段も高いので、普通の絆創膏+軟膏が一番だと思います、ハイ。

 

マメより怖い「足底筋膜炎」

以上が、私の「マメ対策」でしたー!マメに悩むのはけっこう遍路初めのころだと思う。後になってくると、私も苦しめられた「足底筋膜炎」の方が辛かったです。

 

足底筋膜炎に関してはこちらのサイトのまとめが分かりやすいです。

zi-gen.com

 

この病気の不思議なところは、歩き出すと痛みが治まるんです。でも休んだ後の歩き始めが痛かったり、朝起きて立ち上がる時が一番痛かったり、ひどくなってくると寝ているだけで足の裏がジンジンしてきます。動いてる時の方が痛くないので休養せず動き続けて悪化させてしまうという恐ろしい病気。

 

治療法は、温めるとか軽くマッサージするとか色々書いてありますが、とにかく動かないことです。足裏の薄い筋肉の膜が傷ついてるので、そこが回復するのを待つしかないです。なので遍路中の回復はほぼ望めない。ひどい場合は歩く距離を減らすか、荷物の重量を減らすしかない。でも歩く距離を減らせばそれだけ結願までの日にちが延びてお金もかかるし、荷物を減らすなんて「これ以上何を?」状態だし、とにかく遍路終了後によくよく休むしかないです。

 

私は歩き遍路をしてかなり脚力がついたので、遍路後もそれを維持したくて「ランニングを毎日するゾ!」と意気込んでいたんですが、足底筋膜炎のせいで1ヶ月以上歩くことすらできるだけ控える生活を余儀なくされ、脚力はものの見事に元に戻りました。ま、足底筋膜炎が治って良かったけど(ネットで、何年も治らないという人も見かけたので恐れていた)。

 

たぶんスーパーフィート・インソールをずっと最初から最後まで使えていたら、足底筋膜炎もここまでひどくならなかったと思います。スーパーフィートを取って、元のインソールに替えて数時間後からすでに足裏がジンジンし始めたので。

 

 

以上!私の「マメ対策」&「足底筋膜炎」について、でした!

 

まあ、何もトラブルがないよりは多少あれこれ体の痛みに悩まされた方が「ザ・遍路!」という気もするので(話のネタにもなるし)皆さんもぜひ

 

色んな体の痛みに悩まされちゃってください!!(*´ω`*)

(でも深刻になる前に病院に行ってね!)

 

ではではー☆