読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四国歩き遍路 女一人旅 in 2016

1978年生まれの38歳、独身。ソウル→バルセロナ在住を経て現在日本に帰国中。2016年9月から念願だったお遍路さんに行ってまいります!うるう年ですが初挑戦なので順打ちで行います。

四国歩き遍路をするにあたり購入したガイドブック!

目次

 

どもー!izumiです!

 

思い立ったらあまり下調べをせずすぐ行動に移してしまう私。お遍路は前から漠然と「やってみたい」と思っていたけど、今回も1週間前に急に思い立って「そうだ、来週行こう!」と勢いで決めちゃいました。

 

決めたらもちろん、まずはネットで検索!四国八十八ヶ所霊場会公式ホームページや、

お遍路情報を見ておおまかな流れをつかみ、あとは色々な方のブログを参考にさせていただきました。

 

ただ、「持ち物」「準備」「注意点」のところだけ読んで、実際の旅の紀行文的な部分は(読みたい気持ちをすごーく抑えて)なるべく読まないようにしました。

 

なぜなら実際に行った時の感動が薄れてしまうと思ったから。

 

その代わり、お遍路から帰ってきたらひとつひとつ楽しみに読もうと思ってます!自分の旅と比較しながら「そうそう!」と共感したり「私の時とは違うなー」と驚いたり。

 

なので「これから行く人に有用な情報」と「実際に行って体験したこと感じたこと」が分かれているブログは本当にありがたかったです。私もブログを書くときはそういう書き方をしようと思いました!

 

「これから行く人に有用な情報」が詰まってるものといえばガイドブックですよね。やっぱり有料なものにはそれだけの理由があるってことでしょうか!

 

事前に購入したお遍路関連ガイドブック

四国遍路ひとり歩き同行二人[地図編]

f:id:izumislife:20160903165958j:plain

これはどのブログを見ても「絶対必要!」と書いてあったので、素直に従ってすぐにネットで注文!(こちらから買えます→へんろみち保存協力会)注文した翌日に届いたのでびっくりしました。仕事はやっ!

 

現地でも購入できるそうですが、慣れないとちょっと分かりづらい地図なので事前にネットで注文して見慣れておいた方がいいと思います。

 

B5サイズで薄いし軽いんですけど、そのままだと私のウエストポーチには入らないので、事前にページをカッターで裁断し、旅の間はその日使うページだけサブバッグに入れようと思ってます。

 

この地図とコンパスと、あとGoogleマップがあれば、たぶん大丈夫でしょう!うん!

 

四国八十八ヶ所 札所めぐり 遍路歩きルートガイド (kindle版)

四国八十八ヶ所 札所めぐり 遍路歩きルートガイド 札所めぐりルートガイド

↑画像をクリックでAmazonページにとびます。

 

kindleのガイドブックが欲しいなと思ってAmazonを検索したところ、安くてカスタマーレビューも良く2014年発行と情報も古くないこちらの本が良さそうだったので購入。普通の本だと1620円もするのに、kindle版だと594円とほぼ3分の1の値段。すごく安い!

 

 写真と文章でひとつひとつのお寺を紹介しています。歴史や本尊の解説、見どころなどが詳しく書かれているので、前の日の夜に翌日訪れる寺のページをじっくり読もうと思います!

 

歩き遍路専用のシンプルで分かりやすい地図には「交通量の多い県道を歩く」「高速道路の高架線をくぐる」など、へんろみち保存協力会の地図にはないアドバイスも書いてあって便利です。

 

巻末の宿情報も、掲載数は若干少ないですが、宿の値段が書いてあったり、へんろみち保存協力会の方には載ってない宿があったりしてなかなか使えます。

 

歩き遍路をする人は買っておいて損はない1冊だと思います!

 

るるぶ四国八十八ヵ所(2016年版) (kindle版)

るるぶ四国八十八ヵ所(2016年版) (るるぶ情報版(目的))

↑画像をクリックでAmazonページにとびます。

 

上に紹介した2冊だけでいいかな~と思ってたんですが、近所の本屋で立ち読みしてすぐAmazonkindle版を買っちゃいました!(kindle版の方が少し安くて840円でした)

 

理由1:歩き遍路のモデルプランがかなり使えそう! 

この日はだいたい何番まで行ける、この日は山登りなので注意、などの目安が知りたかったんですが、そういう情報がネットにはあまりなかったんです。

 

他の方のブログを見ればいいんでしょうけど、上記のような理由で紀行文の部分はなるべく読みたくなかったので、るるぶの「歩き遍路モデルプラン」を見つけたときは「これだー!」と思いました。

 

山の傾斜図とともに「何日目~○番から○番」「平坦な道が続く」「山越えとなるので心して回ろう」などアドバイスも書いてあってすごく分かりやすい!全日程このモデルプランのようにはいかないんでしょうけど、お手本となるプランがあるだけで心理的にだいぶ違いますね。

 

理由2:寄り道情報(主に食べ物)が楽しい!

上の2冊はどちらかというとお堅い感じなんですけど、さすがるるぶ!写真もカラフルだし「ちょっと寄り道」と題して各地の美味しいスイーツなどを紹介してくれます。

 

お遍路、特に歩き遍路ってどっちかっていうと「修行!」って感じだと思うんですが、ずっとそればっかりじゃやっていけないので、たまには女子にかえって美味しいスイーツを味わってこようと思います!

 

その他は、お寺の紹介も簡素だし、巻末の宿情報もホテルや立派な旅館ばかりであまり使えなさそう。車でしか行けない距離にある立ち寄りスポットの方が多く載っているので、どちらかというと休日のドライブも兼ねた車遍路の人向けなのかもしれません。

 

まとめ 

他の方に比べると下調べも事前に読んだ本の数も少ない方だと思うんですが、旅での感動を最大限に味わうため、あまり下調べをし過ぎないようにしました!

 

下調べをしていないので多少のトラブルはあると思いますが、トラブルも含めて旅の思い出になってくれるかな~と思うので(あまりに大きなトラブルは困りものですが…)まぁ、頑張ってきます!

 

ガイドブックは今後もどんどんkindleで出してほしいですね~そしてできれば安く!(笑)

 

でわ!